かしわめし


すっかり更新ご無沙汰なこのコーナー、久々のお題目は、鳥栖駅の「かしわめし」です。
ご存知の方も多いと思われますが、「かしわ」とは鶏肉のこと。何故にかしわが鳥栖名物なのかは謎として、九州北部ではお馴染みの味であります。
ごはんと組み合わせて良し、うどんに乗っけるのも良し。鳥栖駅で試合前後のかしわうどんを一杯って方も、結構多いのではないでしょうか。

かしわめし

鳥栖名物、鶏のうまみが絶品のかしわめし
スタジアムではアウェイ側ゴール裏では、早々に売り切れるなど好評



中身

中身はありきたりだが、かしわが一際目立つ
色艶ともに、食欲をそそりそう


遠征の朝は早起きを強いられ、出発から殆ど口にせず腹ペコ同然。
早速のご賞味へと移ります。駅弁の主役かしわはコクも十分、しょうゆと鶏のうまみは十分。
鶏肉が若干パサパサ気味ですが、これもかしわの特徴。だしごはんは多少あっさり系ですが、かしわや錦糸たまご等との相性も良し。
それ以外の食材は、ごく平凡な味。列車の中で車窓の風景と共に味わうのも、また一興かも知れません。

かしわめし

こちらが2008年の4月に入手したもの
駅では680円(税込)と少々お安いが
物価上昇のあおりなのか、「かしわ」の量は半分程度に減っていた
肉自体にはコクがあって美味ではあるが、ちょっぴり残念



評価:3.5点
かしわの味は合格点。ただし中途半端なおかずが減点材料。
どうせならかしわを一面に敷き詰め、丼っぽくするのも一案かも。


JR鳥栖駅 かしわめし
鳥栖駅にて680円(税込)で購入
(ベストアメニティスタジアムでの販売価格は700円(税込))


食ったもの・飲んだものに戻る

トップページに戻る