北海道新幹線札幌延伸 応援弁当


恒例の駅弁シリーズは久々の北海道編。今回紹介するのはJR北海道の主要駅で発売中(2008年4月時点)の「北海道新幹線札幌延伸 応援弁当」です。
北海道新幹線の詳細はこちらに譲るとしまして、2015年度に新青森−新函館(仮称)間が開業予定。それ以北のルート(新函館−札幌間)の建設可否は未定であり、2008年度内に建設認可の是非が下される模様です。
2007年の7月より、新幹線の札幌延伸計画を後押しする意図で開発された駅弁。売り上げより50円(1箱)が、「北海道新幹線建設促進期成会」に寄付され、PR活動費として活用されます。

北海道新幹線札幌延伸 応援弁当

北海道新幹線の文字が躍る、「北海道新幹線札幌延伸 応援弁当」
筆者はこの手の話題に無頓着、2015年に函館まで開通するのを初めて知った




北海道新幹線札幌延伸 応援弁当

岩見沢へ向かう快速電車の中でお食事タイム
箱の裏をめくると、何やら文字が飛び込んできた




北海道新幹線札幌延伸 応援弁当

そこには、新幹線の札幌延伸を熱望する文章が(拡大版はこちら
東京から札幌までの予測所要時間は4時間弱と、飛行機との比較では
時間的なメリットは乏しいが、急な出張や悪天候時で
飛行機が運行不能時などには、頼もしい存在になり得るか
新幹線開通により、過密状態である羽田空港からの発着便を減らす事で
羽田空港の混雑緩和・有効活用に役立つ、との説もある
反面、税金の無駄遣い的な意見や
並行するローカル線の第三セクター移譲等の議論もあるのですが




北海道新幹線札幌延伸 応援弁当

中身はご覧の通り、新幹線の停車予定駅の特産物が並ぶ
詳細は・・・、書くのが面倒なので、こちらのページをご覧あれ




北海道新幹線札幌延伸 応援弁当

こちらが東京駅、江戸前のあなご寿司
しっかりと笹の葉(本物)でくるまれている



それでは早速お食味。仙台の牛たんはそこそこ美味。札幌のスイーツは冷えたシチューぽいのはやや残念。
パクパクパクパク・・・。ごちそう様でした。ん??、駅弁にしてはどうも個性に乏しい。
多彩なメニュー系の駅弁は、やもして中途半端なケースもある。この駅弁も味的には及第点なのですが、これと言った特色に欠けるのは否めません。
全体的なバランスは悪くないので、北海道新幹線の札幌延伸へ興味のある方は一食あれ。





評価:2.5点
味・ボリューム共に普通。総合的には可も不可でもないレベル。
PR活動費分だけコストパフォーマンスが劣る気もあるので、普通より若干下の評価となります。


北海道新幹線札幌延伸 応援弁当
JR札幌駅にて1,000円(税込)で購入


食ったもの・飲んだものに戻る

トップページに戻る