蝦夷わっぱミックス


鉄道の旅に不可欠な、食の愉しみ駅弁。今回紹介するのは旭川駅の「蝦夷わっぱミックス」です。
潤沢な北の海の幸がふんだんに盛られたわっぱ飯、そのお味は如何なものでしょうか?

写真

旭川から札幌に向かう道中、腹が空いたので駅構内でアイスクリームを購入
・・・のつもりが駅弁が売っていたので、何気なくこれを選んでみた




写真

包装を解くと、朱色のわっぱが登場
材質は木製では無く、プラスチック製




写真

中身はご覧のとおり、すし飯風のしょうゆご飯をベースに
北の幸が盛りだくさん



旭川駅の出発と同時にご賞味タイム。ご飯は比較的硬めに炊かれ、私の好みには合っている。
ご飯の上のウニ、カニ、ホタテ等々を次々と口に運ぶ。感動的にうまい!レベルには及ばないが、どれも平均以上の味。
イクラはしょうゆのコクも効いており、結構美味。ご飯は比較的深めに盛られているので、ボリューム感も十分な印象です。

写真

ウニはミソ風味、このあたりは好みが分かれそうだが
個人的には悪く無いと思った


季節は夏の北海道、最後に列車内で駅弁を食べる際のアドバイス(?)。
北海道の列車は今でも非冷房車が結構残っています。その場合は暑さを避けるために窓を開けて乗車するのですが、走行中の風圧で駅弁の具材が飛び散る恐れが。
車内の扇風機も相当な風量なので、同様に具材が飛び散る危険性が。列車内で駅弁を食べる際は、強風にくれぐれもご注意を。

写真

こんな感じで車窓に駅弁を置くと、舞い込む強風で具材が散乱しかねない
事実カニのほぐし身と千切り卵が少々飛び散った
付近に乗客がいなかったのが、唯一の救い(苦笑)



評価:3.5点
味も量も合格点。北海道の駅弁はハズレが少ない。
あらゆる意味で「北海道像」を象徴するような駅弁でした。


蝦夷わっぱミックス
JR旭川駅にて1,000円(税込)で購入


食ったもの・飲んだものに戻る

トップページに戻る