質問コーナー
ここではみなさまから寄せられました質問につきまして、Q&A形式でお答えします。

※当コーナーに掲載された内容以外の質問があれば、お気軽におたずねください。
 質問は等々力陸上競技場のスマイル・スタジアムブースまでどうぞ。
 質問内容に関しましては、当ページで掲載することがございます。
Q1.どうして「いるかのおり紙」でしょうか?
A1.いるかは川崎フロンターレのシンボルです。それにのっとりいるかのおり紙を集めています。
   千羽鶴のいるか版と考えていただければ適当と思います。
内側に接着剤を塗る川崎フロンターレのエンブレム中央に描かれたいるか。
Q2.いるかのおり紙の色は決まっていますか?。フロンターレなので青色の方がいいですか?
A2.チームカラーのライトブルーを推奨いたしますが、特に指定はありません。
   青以外の色でもかまいません。
Q3.いるかのおり紙の大きさには決まりがありますか?
A3.大きさの指定は特にありませんが、一般的なおり紙のサイズ(一片15cm以下)を
   推奨いたします。
Q4.「千頭いるか プロジェクト」のコーナーで用意されているおり紙は、どこで入手できますか?
   値段はいくらでしょうか?
A4.当プロジェクトで主に用意しているおり紙は、(株)クラサワの教育用おりがみ
    (単色、一片15cm)です。
   このおり紙は文具店などで購入可能です。実売価格は100枚セットで300円程度
    (金銀などは600円程度)です。
Q5.いるかのおり紙を家で作って、持参してもかまいませんか?
A5.かまいません。持ち込み大歓迎です。
   いるかを持ち込む際は、スマイル・スタジアムまでお願いいたします。
Q6.いるかの持ち込みはアウェイの試合でも受け付けていますか?
A6.原則的に等々力陸上競技場のみとなりますが、担当が試合会場にいればお預かりします。
Q7.いるかのおり紙を家で作りたいので、コーナーに用意してあるおり紙を持ち帰って
   かまいませんか?
A7.持ち帰ってもかまいません。その際はスタッフに一声おかけください。
Q8.集まったいるかのおり紙は、どうしていますか?
A8.みなさまからのいるかのおり紙は20頭ずつ数珠状につなぎ、試合中は三脚にぶら下げて展示して
   います。
   詳しくは下の写真をごらんください。試合後は等々力陸上競技場の倉庫に保管しています。
いるかのおり紙三脚に取り付けて展示します。
Q9.いるかをもっと格好よく折る方法はありますか?
A9.以下の工夫を凝らすと、よりいるからしく?なります。
   他にも色々な折り方があるようですので、お試しください。

  1.背中を内側に軽く折り、丸みをつける。
背中を内側に折る

  2.下腹部を外側に軽く折る。
下腹部を外側に折る
 
      普通に折った状態   上記の加工をした後
          普通に折った状態 上位機の加工をした後
Q10.いるかのつなぎ方はどうすればいいですか?
A10.以下のようにつないでいます。集計の都合上、一束20頭単位です。
   お持込の際につないでくださいますと大変助かりますので、ご協力お願い申し上げます。
   20頭ですと長くなり持込みが大変なので、5〜10頭単位でもかまいません。

  1.背中の上部に、のりを両側に塗る。
背中に接着剤を塗る

  2.いるかのおなかを開き、背中ののりを塗った部分を押し込む。
いるかを挟む
 
  3.ひれの内側にものりを塗り、押し付ける。
ひれにも接着剤を塗る

    下の写真がつないだ状態です。
つないだ状態
   
Q11.いるかのおり紙を作るのに、参加費などは必要ですか?
A11.参加費は一切ございません、すべて無料です。
Q12.「千頭いるか プロジェクト」の活動費はどこから捻出されていますか?
A12.サポーター有志による自腹です(笑)。費用はおり紙とペン代だけですので、比較的安価です。
Q13.いるかの頭数が試合後の発表からのちに、当初の発表から数頭増えることがありますが
    なぜでしょうか?
A13.いるかを20頭単位で束ねる都合上、20の倍数で調整することがあります。
Q14.折ったいるかを持ち帰りたいのですが、かまいませんか?
A14.持ち帰っていただいてかまいません。
    家に持ち帰っているかの折り方を練習し、たくさん折って持参してくれる方もおります。
Q15.いるかが1,000頭集まると、活動は終了ですか?
A15.1,000頭を超えても継続します。頭数に上限はないので、どんどん折ってください。