清水エスパルス VS 川崎フロンターレ

〜 2014 プレシーズンマッチ 〜

日  時 2014年2月16日(日) 13:34
試合会場 IAIスタジアム日本平
天  候 晴れ
観 客 数 7,223人
試  合  結  果
清   水 2 前 半 1 川   崎
3 後 半 0
     
     
5 1
     
得   点   者
平岡 康裕 27分   33分 森島 康仁
ノヴァコ
ヴィッチ
45+1分      
長沢 駿 51分      
ノヴァコ
ヴィッチ
68分      
カルフィン
ヨン ア ピン
88分      


写真

2014シーズンプレシーズンマッチ、IAIスタジアム日本平にて清水エスパルスとの対戦。
2日前に関東地方に過去最大級の積雪。交通網の乱れなどで開催が危ぶまれるも、
温暖な日本平に積雪は皆無、なので予定通りに開催。




写真

日本平から見渡す駿河湾と富士山の眺望は絶景。
冬場は空気が澄み渡り、過去記憶が無い美しさ。




写真

この日はイベントが盛り沢山、東日本大震災復興支援の前座試合が開催。
芸能人チームと清水OBとのチャリティーマッチ、
なすの被り物でピッチに飛び出すのは、「懸賞生活」でお馴染みの芸人なすび。




写真

写真

そして元日本代表の中田英寿氏の姿。個人的にはこれだけでお腹いっぱい。




写真

写真

前座試合の内容と結果は割愛するが、2ゴールを決めた中田英寿氏のパフォーマンスは一線級。
「中山隊長」こと中山雅史氏も2得点、頭から飛び込む「ゴンゴール」も堪能。




写真

続くは待望のプレシーズンマッチ、フロンターレイレブンがピッチに登場。
宮崎キャンプから帰還後は大雪の影響で練習が出来ず、日本平まで長時間の移動を強いられた。
半ば「ぶっつけ本番」の一戦、控えと若手主体の布陣で挑む。




写真

写真

写真

さぁ、2014シーズンの戦いが今始まる。
大雪によるコンディション不足が心配だが、怪我なく90分間闘いぬこう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

高速道路の閉鎖が長引き、オフィシャルツアーが直前で中止のアクシデント。
それでもビジター側のゴール裏は、くっきりと青いエリアが浮かぶ。
どんな境遇であろうとも、熱心なサポーターは駆けつける。




写真

写真

写真



写真

写真

写真

穏やかな冬空の元、試合開始のホイッスルが鳴り響く。
新戦力を多数揃えての新鮮な布陣、選手たちのプレーが楽しみだ。




写真

写真

写真

写真

右サイドを駆け上がるフロンターレ、金久保選手(背番号18:FW)がボールを折り返す。
続けてパウリーニョ選手(背番号34:MF)がシュート、これはゴール枠を大きく外す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

CBは新加入の谷口選手(背番号15:DF)と福森選手(背番号22:DF)のコンビ。
福森選手が左サイドに展開、前線へロングパスを供給。




写真

写真

福森選手のパスに合わせ、新加入の森島選手(背番号9:FW)が駆け出す。
これは相手GKがセーブ、惜しい場面であった。




写真

写真

写真

写真

序盤は控えめの清水だが、徐々にペースを上げてきた。
フロンターレも守備で対抗するも空振り気味、調整不足の影響だろうか。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左SBは山越選手(背番号25:DF)、ここは清水のブロックに阻まれた。
昨年は出場機会が限定、レギュラー奪取へ絶好のチャンスだぞ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水が揺さぶりを仕掛けるも、パウリーニョ選手が得意のインターセプト。
前線へすかさず切り返すも、森谷選手(背番号19:MF)にボールは届かなかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水がボールを繋ぎ前進、右サイドにスペースを与えてしまう。
クロスから長沢選手(背番号9:FW)がヘディングシュート。
ボールはフロンターレゴールのサイドネットを直撃、マークが甘いと危険である。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水の度重なる攻撃に対し、後手に回るフロンターレ。
コーナーキックのピンチが到来、集中力を高めて防御したい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水のクロスが次々に襲い掛かるが、フロンターレは何とか跳ね返す。
最後は杉山選手(背番号1:GK)がセーブ。ここから反撃開始だぁ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中盤の清水のマークが厳しく、前進を図れないフロンターレ。
武岡選手(背番号17:DF)が一瞬の隙から抜け出しクロスを放つが、誰も呼応しない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水は高さを活かす攻撃、ハイクロスからノヴァコヴィッチ(背番号13:FW)のヘッドが襲う!
杉山選手が辛うじてセーブするも、守備に入った福森選手も歯が立たず。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃が鈍いフロンターレ、中盤でボールを奪われてしまった。
清水の反撃に山越選手が対応、吉田選手(背番号28:DF)に懸命に食らい付く。




写真

写真

写真

写真

写真

劣勢が続くフロンターレ、金久保選手も懸命のスライディング。




写真

写真

写真

清水の攻撃は止まらない。長沢選手のシュートが容赦なく襲い掛かる。
再びコーナーキックの危機が到来。サポーターの声でピンチを断ち切りたい。




写真

写真

写真

写真

写真

大きなピンチを断ち切るや、カウンターを仕掛けるフロンターレ。
森谷選手が一気に駆け上がるも、戻った清水の守備陣に阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

先制点が欲しいフロンターレ、しかし攻撃の厚みが乏しい。
武岡選手が幾度と好機を作るも、後に続く選手がいない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山越選手がファウルを犯し、清水にセットプレーを献上。
ゴール裏に静かな緊張が走る。サポーターも力強い拍手で立ち向かう。





写真

写真

写真

写真

写真

清水のフリーキックは杉山選手が弾き出すも、こぼれ球を押し込まれてしまった。




写真

清水に先制点を与えたが、試合はまだ前半途中。
まずは同点に追い付くぞ、サポーターも元気に応援再開。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中盤でパウリーニョ選手が粘りを効かせ、右サイドに舵を切る。
武岡選手から金久保選手へボールは託され、中央に鋭く折り返す。




写真

写真

こぼれ球を森島選手がシュート、これは清水のDFに激突。




写真

写真

写真

写真

フロンターレの攻撃は一旦途切れるも、中盤から素早く切り返す。
武岡選手が右サイドをドリブルで浮上、そのままクロスを繰り出した。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

逆サイドに構えるは森島選手、豪快なヘッドでボールをねじ込んだ。
同点に追い付いたフロンターレ、ゴールの喜びは最高だぁ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

同点で勢いづくフロンターレ、清水からボールを奪取し速攻。
至近距離からシュートを放つが、櫛引選手(背番号1:GK)がセーブ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水も再び反撃開始、危険なボールが続々と放り込まれる。
フロンターレはヘディングで懸命のクリア、谷口選手も守りに忙殺される。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

同点直後の勢いは消え、劣勢を強いられるフロンターレ。
ここは我慢の時間帯、粘り強く守り流れを取り戻したい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

場面は清水のコーナーキック、フロンターレに再び緊張が走る。
ゴール前は激しい空中戦、福森選手が決死のクリアに入る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水が左右から波状攻撃、フロンターレの守りはかわされる。
それでも何とか防御成功、ここから前進を図りたい。




写真

写真

カウンターを仕掛けるフロンターレ、しかしボールは繋がらない。
プレー全般に緻密さが乏しい、大雪による練習不足は顕著である。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左サイドにかじを切るフロンターレ、山越選手のクロスはブロックされた。
なおも攻撃を続けたが、清水にガッチリと守られてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

・・・あぁ、清水にまさかの追加点を献上。
前半も気付けばアディショナルタイム、この失点は極めて勿体無い。




写真

写真

写真

写真

写真

直後に前半が終了。攻守に渡り歯車が噛み合わぬ。
後半の奮起を期待したいが、調整不足は誰の目にも明白過ぎた。




写真

写真

ハーフタイム中の一コマ。大堀カメラマンがゴール裏に定点カメラを設置。
ゴールネットを揺らす迫力に溢れるショットが誕生なるか。




写真

写真

写真

写真

ピッチ上に選手たちが戻って来た、サポーターも応援を再開する。
後半開始のタイミングで、フロンターレは3選手を交代。
ちなみに今回のプレシーズンマッチは、6名までの交代が許可される。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

先制攻撃を仕掛けるフロンターレ、小刻みに繋ぎじわりと前進。
しかしスピード感が優れない、切り崩す気概も乏しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

もたつく間に清水が反撃開始、吉田選手(背番号28:DF)のクロスが襲い掛かる。
長沢選手が豪快なヘディングシュート、西部選手(背番号21:GK)の正面で命拾い。




写真

写真

写真

写真

写真

清水がサイドチェンジから再度攻撃、大前選手のクロスがフロンターレを襲う。
西部選手のセーブで事なきを得たが、無用なスペースを与え過ぎ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは早めのパスワーク、大島選手(背番号16:MF)が浮き気味のパスを繰り出す。
森島選手がヘディングシュートを放つも、清水のゴール枠には収まらない。




写真

写真

写真

写真

清水はさほどガツガツせぬも、フロンターレの選手は当たり負け。
やはりコンディションがイマイチなのか、歯がゆさが募る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

守りが乱れたフロンターレ、清水にボールを奪われてしまう。
そのままカウンターを浴びてしまい、
高木選手(背番号11:FW)のクロスを長沢選手が合わせた。




写真

写真

写真

長沢選手の高さに抵抗の術もなく、3点目を献上のフロンターレ。




写真

写真

プレシーズンマッチと調整不足の前提付きだが、さすがにこれでは不甲斐ない。
1点ずつ着実に取り返してゆこう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

積極的に仕掛けたいフロンターレ、中盤で積極的にボールを回す。
谷口選手もポジションを上げ、攻撃の輪に加わった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

右サイドに展開のフロンターレ、森谷選手が放ったボールは
清水の選手に接触しゴールラインを割った。
コーナーキックを獲得、ここは「ドカン」と押し込みたい。




写真

写真

写真

清水のクリアボールを押し戻し、森島選手が空中で競う。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

縦突破を図るフロンターレ、森島選手のバックヘッドに金久保選手が呼応。
清水ゴールに詰め寄るも、決定的場面には至らない。




写真

写真

写真

写真

福森選手が清水の選手と交錯し転倒。
直後にフロンターレは選手交代、パウリーニョ選手から小林選手(背番号11:FW)にスイッチ。




写真

福森選手も大事を取り、静かにピッチを後にする。
代わりに中澤選手(背番号7:DF)が投入された。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

頼みの選手交代も機能せず、清水あっさりと追加点を献上。
これでまさかの4失点、ゴール前でボールウォッチャーになられてもねぇ・・・。




写真

フロンターレは最後の選手交代、森島選手から田中選手にスイッチ。
森島選手のゴールは魅せてくれた、他の攻撃陣も奮起を願う。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

金久保選手が気迫の縦突破、裏を突かれた清水は
背後から村松選手(背番号5:MF)が妨害。
金久保選手が倒されプレーが中断、レッドカードが堂々と掲げられた。




写真

写真

写真

写真

絶好の位置でのフリーキック、森谷選手のキックに全てを賭けたい。




写真

が、蹴ったのは倒された金久保選手。
ボールは清水ゴール枠を捉え切れず、仲間から労いのタッチ。




写真

写真

写真

写真

宮崎キャンプでは好調の小林選手(背番号11:FW)、谷口選手のパスに合わせて飛び出す。
しかし平岡選手(背番号3:DF)がブロック、シュートまで持ち込めず。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大量リードの清水は安定の試合運び。堅守速攻でフロンターレゴールを脅かす。
コーナーキックのピンチが到来、武岡選手もここは守備に専念。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

気が付けば残り時間は数分、清水の速攻にあわや失点の場面。
西部選手のファインセーブで失点は逃れるも、コーナーキックの危機が続く。




写真

写真

写真

写真

鋭いクロスからカルフィン選手(背番号4:DF)のディングシュート!
もはや為す術も無いフロンターレ、よもやの5失点にあんぐり気味。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

土壇場で最終ラインの選手が攻撃参加、實藤選手(背番号2:DF)が気迫のクロスを放つ。
中澤選手が頭で押し込みを図るが万事休す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

5失点で完敗のフロンターレ。調整不足の影響は大きかったか。
ACLの初戦まであと10日。しっかりと仕上げて欲しいなぁ。



<フロンターレの出場メンバー>
GK:杉山
DF:武岡、谷口、福森、山越
MF:山本、パウリーニョ、森谷
FW:可児、金久保、森島
SUB:西部、實藤、田中、中澤、登里、大島、小林
<フロンターレの選手交代>
可児>大島(46分)
杉山>西部(46分)
山本>實藤(46分)
パウリーニョ>小林(63分)
福森>中澤(65分)
森島>田中(68分)



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る