徳島ヴォルティス VS 川崎フロンターレ

〜 2014 J1 第4節 〜

日  時 2014年4月6日(日) 13:04
試合会場 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
天  候 晴れ
観 客 数 8,467人
試  合  結  果
徳   島 0 前 半 2 川   崎
0 後 半 2
     
     
0 4
     
得   点   者
      8分 オウンゴール
      11分 大久保 嘉人
      60分 森島 康仁
      77分 稲本 潤一


写真

J1リーグ戦第6節、J1初昇格のヴォルティス徳島とのアウェイゲーム。
2002年以来の訪問となる、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム。
四国初となるJ1初昇格に、鳴門の街は期待に満ち溢れていた。




写真

ビジター席入口は大勢のフロンターレサポーターが待機。
前売りだけで1000枚も売れたとか、四国初上陸となるサポーターも少なくない。




写真

写真

写真

開門と同時に横断幕の装着開始、最前列に真新しいフォルツァ幕を装着。
最後方の座席にも横断幕を取り付けるが、吹き荒れる強風に作業が難航。




写真

写真

加えて天気がめまぐるしく変化。大粒の通り雨で更なる苛酷さを招く。
程なく雨雲は過ぎ去るも強風は吹き止まず、横断幕の固定に四苦八苦。




写真

写真

写真

写真

雨雲が通過し日差しが復活。GKの2選手がピッチに登場。
リーグ戦全敗の徳島が相手だが、しっかりとゴールを締めてくれ。




写真

写真

写真

写真

残るイレブンもピッチに登場。ゴール裏は青き熱気で満たされる。
四国の地初となる、J1の勝ち点3をゲットするぞ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

遠方の鳴門にも関わらず、ゴール裏の雰囲気は等々力を彷彿。
気温もグングンと上昇し、応援には最適な陽気である。




写真

スタンドの後方最上段には、ロングコート姿の高校生軍団。
彼らの正体は登里選手(背番号23:DF)の出身高、香川西高校サッカー部の生徒さん。
登里選手は負傷で遠征に帯同しなかったが、フロンターレの応援席にようこそ!
フロンターレサポーターから歓迎の拍手が沸き起こる。




写真

一部の部員が歩み寄り、コアゾーンでの応援を志願。
もちろん即座に大歓迎、コアゾーンの密集度は更にアップ。




写真

香川西高校の生徒さんが作成、登里選手の応援プラカードが掲出。
彼方川崎の地でリハビリに励む登里選手へ、後輩たちの気持ちが伝わった。




写真

写真

・・・と、突風でヨシメーターのスコアが剥がれるアクシデント。
慌ててヨシメーターを回収、大急ぎでスコアを貼り直す。




写真

写真

写真

写真

写真

サポーターの声援が響く中、両チームの選手たちがピッチに登場。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

澄み渡る青空の下、激戦は火ぶたを切って落とされた。
好調をキープのフロンターレ、今日も強さを魅せつけてくれ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが早々に試合を支配、徳島にボールを容易く触らせない。
森島選手(背番号9:FW)が積極的に前線へ飛び出す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

徳島がロングパスを繰り出すが、田中選手(背番号3:DF)がヘッドで跳ね返す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが武器とするパスワークを披露、徳島の選手に的を絞らせない。
コーナーキックのチャンスを獲得、早くも先制点の気配である。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが左サイドに展開、レナト選手(背番号10:MF)が力強いドリブルで浮上。
徳島の選手を一気に抜き去り、鋭いクロスを繰り出した!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

レナト選手のクロスは守備に戻った徳島のDFを直撃。
ボールはそのまま徳島ゴールへ転がり込み、先制点をゲット!
最高の滑り出しに選手もサポーターも大喜びだぁ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

先制点を喫した徳島も反撃、ボールを繋ぎ攻撃のチャンスをうかがう。
対するフロンターレもしっかりと追随、徳島に隙を与えない。




写真

写真

写真

直後にフロンターレが反撃開始、森島選手が頭で落としたボールを
大久保選手(背番号13:FW)がキープ。
徳島の選手をドリブルでかわし、強烈なミドルシュートを繰り出した!!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

大久保選手の鮮烈な弾丸シュートは、徳島ゴールに深々と突き刺さった。
圧巻の追加点に歓喜再来、絶好調のヨシトを代表に呼んでくれぇ>ザックさん。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

徳島がセットプレーから反撃するが、フロンターレはゴール前の混戦も慌てず対応。
レナト選手がドリブルで浮上を図るが、徳島のバックチャージに転倒。




写真

写真

写真

早々の2得点に奢ること無く、攻撃の手を止めぬフロンターレ、
森谷選手(背番号19:MF)も負けじとミドルシュートを放つ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

徳島が素早く縦に展開、危険なボールがフロンターレの裏を突く。
この場面は谷口選手(背番号15:DF)が対応、長身を生かし徳島の突破をブロック。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

徳島の反撃を断ち切るや、フロンターレが再び試合を支配。
圧巻のパスワークで徳島を翻弄、最後はレナト選手が飛び込むが惜しくも届かず。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

徳島を寄せ付けぬフロンターレ、鮮やかなパスワークに重量級のレンズが追いつかない。
守る徳島はレナト選手に複数の選手がマーク、
守備に選手が割かれてしまい、劣勢から抜け出せない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

苦境の徳島はロングパスで起死回生を図るが、
フロンターレも井川選手(背番号4:DF)が対応。
ボールの落下点に先回りし、徳島のチャンスを速やかに潰す。




写真

写真

写真

写真

続けて徳島が切れ込むも、ジェシ選手(背番号5:DF)が側面から対応。
徳島の攻撃を見事に遮断。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが中盤でボールを奪取、久々の絶好機を作り出す。
中村選手がドリブルからスルーパス、抜け出した森谷選手とは僅かに合わなかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは中盤でボールを再奪取、レナト選手が縦にドリブルを図る。
徳島のマークが届かぬ間に、豪快なミドルシュートを繰り出した。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

その後の説明はかっ飛ばし(恥)、前半はフロンターレが2点リードで終了。
開幕以来全敗の徳島相手に危なげない試合運び。
フロンターレとの実力差は余りに明確、もっと頑張れ>徳島。




写真

コアゾーンで応援を盛り上げた、香川西高校サッカー部の生徒が観客席後方に戻る。
何でも所定の場所で観戦せよと、注意されたとかされなかったとか。




写真

応援の中心部に鎮座する、オーストラリアから来日のウォンバット君。
何でも飾ってから無敗なので、勝利の神様として崇められる(?)とか。




写真

と、3輪車で登場は徳島のマスコット。
たぬきのヴォルタくんとティスちゃん。見た目によらず大胆なコンビである。




写真

写真

土俵入りのパフォーマンスを披露、観客席のサポーターを笑わせる。
実は相撲の真似では無く、中村選手(背番号14:MF)の持ちネタ、
「SKP14」(得点パフォーマンス)のモノマネ説が有力。




写真

写真

写真

写真

そして豪快な爆転を披露、東京のたぬきに負けぬ運動神経の持ち主。




写真

が、パフォーマンスの最中にフロンターレの選手がピッチに復帰。
殺気立った雰囲気を捉えた2人(?)は3輪車に飛び乗り、
そそくさとゴール裏から退散。




写真


写真

写真

写真

ここから後半スタート、更なる追加点を期待し、熱き応援が再開された。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半も早くからフロターレが試合を支配する。
素早く正確なパスワークで徳島を翻弄、守る徳島は食らい付くのが精一杯。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

徳島の頼みの綱はロングパス。青山選手(背番号8:DF)のパスがグイグイと迫る。
フロンターレは田中選手が対応、ヘディングで横に弾き出す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に猛反撃のフロンターレ。大久保選手が斜め角度から鋭い切れ込み。
レナト選手が戻したボールを中村選手がシュート、これはボールの芯を外す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

自由自在にボールを繋ぐフロンターレ、徳島の守備陣を軽やかに振り払う。
左右の繋ぎで徳島の守備を希薄化、中村選手が得意のロングパス。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

何とか反撃に移りたい徳島だが、選手間の連携もぎこちない。
衛藤選手(背番号17:MF)に田中選手がまとわりつき、ボールをすかさず奪い取る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

その後もフロンターレの一方的な流れ、徳島を手玉に取る展開。
ゴール裏の応援も余裕のムード、熱き声援が鳴門の地に響く。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

徳島にセットプレーを与えるも、短時間でピンチから脱出。
直後に速攻から徳島にプレッシャー、フロンターレの勢いは止まらない。




写真

写真

写真

写真

中村選手のスルーパスから好機を演出のフロンターレ。
森谷選手のシュートでコーナーキックを獲得したぞ。




写真

写真

写真

写真

谷口選手のシュートが外れた直後に、フロンターレが最初の選手交代。
負傷気味の森島選手に代わり、山本選手(背番号6:MF)を投入。




写真

写真

・・・が、レナト選手が負傷し担架で搬出のアクシデント。
森島選手はピッチに残り、レナト選手と山本選手が交代となった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

アクシデントに見舞われたフロンターレだが、この程度で勢いは止まらない。
谷口選手が折り返したボールを、森島選手が片足で流し込む。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

森島選手の「ごっつあん」移籍後初ゴールが決まり、フロンターレのリードが拡大。
直後に森島選手は稲本選手(背番号20:DF)と交代、お疲れ様。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

3得点でリードのフロンターレだが、もっともっとゴールが見たい!
飽くなきゴールへの願いを込め、空高く腕を突き上げるサポーター。
魅せてくれ〜よ〜、突き刺さる、ゴ〜〜〜ル!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ゴールを願うサポーターの声援がピッチ上の選手に届いたか、
フロンターレの攻撃は更なる磨きがかかる。
大久保選手もパワフルなミドルシュートを披露、追加点の期待も十分。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

劣勢の徳島も切り返しを図るが、稲本選手があっさりとボールを奪取。
そして鮮やかな連携劇が再開される。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

徳島懸命にパスを放つも、井川選手(背番号4:DF)が円熟の守備で対抗。
徳島の攻撃を続々とカット、これでは徳島も為す術が無い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大久保選手に橋内選手(背番号26:DF)が食らい付くも、
大久保選手の抜群のキープ力に、全く歯が立たないようだ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

繋ぐに繋ぐフロンターレ、最後は大島選手(背番号16:MF)がミドルシュート。
これは松井選手(背番号1:GK)の正面、ちょっと正直過ぎただろうか。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

コーナーキックを獲得のフロンターレ、徳島のクリアは中村選手へ戻る。
中村選手のクロスボールを、ジェシ選手がダイビングヘッドで折り返した。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

ジェシ選手が折り返したボールを稲本選手が押し込み、4点目をゲット。
久々のゴールに笑みを浮かべる稲本選手、勝負はほぼ決まったか。




写真

写真

写真

写真

写真

徳島も懸命の浮上を図る。福元選手(背番号2:DF)に森谷選手が絡みつく。
振り切られそうになるが田中選手がフォロー、こぼれ球を大きくクリア。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大量リードでお馴染みのこの応援、手のひらを震わせ西部警察。
鳴門の大地にサイレン音(?)がブイブイ響くぜぇ。
バモオオオオ、フロンターレ〜
バモオオオオ、フロンターレ〜
オーオオオ・オ・オ、オッオオオオーオー
ララララーラララーラララーララーラー





写真

写真

写真

写真

写真

写真

窮地に立たされた徳島は捨て身の攻撃、必死の形相でフロンターレゴールに迫る。
対するフロンターレは田中選手が安定の守備、
体を巧みに挟み込み、徳島の攻撃を次々と断ち切る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半もアディショナルタイム直前、フロンターレは最後の交代カード。
ジェシ選手に代わりパウリーニョ選手(背番号34:MF)を投入。
ピッチを去るジェシ選手がダンディーだぜ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

アディショナルタイムに徳島に初シュートを許すも、もはや勝利は確実である。
サポーターはアバンテの応援をスタート。タイムアップを待つばかり。




写真

写真

写真

写真

写真

程なく試合はタイムアップ。徳島を寄せ付けず4得点の完勝。
公式戦4連勝と好調をキープ、リーグ戦の順位も4位に浮上。




写真

写真

写真

写真

写真

勝利を喜ぶ選手たち、中村選手の表情も充実感に満ち溢れていた。




写真

写真

写真

写真

激闘を終えた選手とサポーター。勝利の歓喜を共に分かち合う。
ちなみに四国でのリーグ戦勝利は、2004シーズンの京都戦(高知)以来となる。




写真

この日のヒーローは、フロンターレに移籍後公式戦初ゴールの森島選手。
痛めた足を引きずりつつも、サポーターの元に歩み寄る。




写真

写真

写真

写真

笑顔で初ゴールの報告、そして恒例行事となった自らの応援歌を歌う。
みんながハッピーになった瞬間がそこにあった。




写真

と、バナナを片手にLINE用の記念撮影(笑)。




写真

写真

写真

写真

写真

豪快なシュートを決めた大久保選手も元気に挨拶。そしてこちらもバナナと撮影。




写真

写真

写真

最後に登場は稲本選手。結婚後初ゴールに満面の笑み。
ダンディな彼も自らの応援歌を披露、これは貴重な瞬間だぁ。




写真

写真

次節はホームで柏レイソルとの対戦、そして中国貴州での戦いが待つ。
リーグ戦もACLも全力疾走、頂点を目指しての戦いは続きます。



<フロンターレの出場メンバー>
GK:西部
DF:田中、ジェシ、井川、谷口
MF:大島、中村、森谷、レナト
FW:森島、大久保
SUB:杉山、中澤、武岡、稲本、パウリーニョ、山本、安
<フロンターレの選手交代>
レナト>山本(59分)
森島>稲本(61分)
ジェシ>パウリーニョ(89分)



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る