川崎フロンターレU-18 VS 國學院大學久我山高校

〜 高円宮杯U-18 サッカーリーグ2014 プリンスリーグ関東 第4節 〜


2014年5月6日 しんよこフットボールパーク


写真

プリンスリーグ2014関東、第4節は國學院久我山高校との対戦。
試合会場は日産スタジアムの脇、しんよこフットボールパーク。
アカデミー世代の試合ではすっかりお馴染みの場所である。




写真

写真

写真

写真

遅れること応援団のメンバーが到着。
通路に巨大幕を装着、ピッチ上の選手からも見渡せる位置。




写真

写真

写真

写真

若きイレブンが挨拶に登場。サポーターと健闘を誓い合う。
開幕から3試合未勝利、今日こそは勝利の歓喜に浸りたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

若きプレーヤーの激闘の模様は・・・、ヘタクソな写真でお楽しみください。
ところでこの会場は照明が暗いので、夜間撮影はかなりの鬼門である。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

板倉選手が相手選手と交錯、足を抱えてピッチに崩れ落ちた。




写真

写真

コーナーキックを獲得のフロンターレ、鋭いボールが國學院久我山ゴール前を通過。
これは頭で押しきれず、先制点はゲットならず。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

パスを繋ぐフロンターレ、金子選手のシュートで再度のコーナーキック。
先制点の期待がグッと拡大。サポーターの拍手も自然と大きくなる。




写真

写真

岡田選手が直接ゴールを狙ったようだが、惜しくもゴール枠内に収まらなかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレゴールへ切れ込む國學院久我山の選手、ペナルティエリア内へ侵入を図る。
長谷川選手が背後から押し倒し、痛恨のPKを与えてしまった。




写真

写真

写真

写真

このPKを決められ先制点を献上、実に悔やまれる失点劇であった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

反撃を試みるフロンターレだが、國學院久我山の守備にリズムを乱す。
先ずは同点に追い付きたい、サポーターも熱き視線を送る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半は0-1で終了、フロンターレがリードを許す状況。
毎度の手抜き写真ですいません(恥)。チャンスは多いが「あと一押し」物足りない。




写真

ハーフタイムに指示を送る今野監督、如何なる策略が浮かぶのか。




写真

写真

写真

写真

周囲は日没を過ぎ、暗がりのピッチで後半開始。
相変わらずの手抜き写真をどうぞ・・・ですが、この暗さで撮影は四苦八苦。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

開始直後に國學院久我山が猛攻を披露、フロンターレは早くも窮地に陥る。
必死にボールをかき出し、失点だけは免れた。




写真

写真

写真

ドリブルで前進を図る岡田選手、しかし國學院久我山の選手が追随。
激しいチャージにバランスを崩してしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

再び攻め上がるフロンターレ、岡田選手が相手選手を振り切りシュート。
ボールの下を叩いたか、シュートは浮いてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半でダメージを負った板倉選手。
動きに精彩を欠くものの、パスを繰り出し仲間を鼓舞。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

仕掛ける國學院久我山、フロンターレは守勢を強いられる。
攻撃的な金子選手もポジションを下げ、この場面は守備に専念。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

右サイドを駆け上がる緒方選手。金子選手からのパスを受け、クロスを繰り出す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

牧選手にボールが託されるが、國學院久我山が素早いチェックで対抗。
これだけ前を塞がれてしまうと、容易く突破は図れない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

PKを与えた長谷川選手だが、プレーに自信が戻って来た。
左サイドにパスを供給、リズム感も悪くない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

国学院久我山がカウンターで縦突破、このピンチは諏訪部選手が体を挟み防御。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレはここで選手交代。「イトケン」こと伊藤選手を投入。
かつては途中交代からゴールを量産した「スーパーサブ」。
この試合で輝きを取り戻したい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

好機が乏しいフロンターレだが、サポーターは逆転を信じている。
必ずやチャンスは巡ってくる。諦めずに戦い抜いて欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

満身創痍の板倉選手、ファウルを受けて再びピッチに崩れ落ちる。




写真

写真

写真

写真

フリーキックを獲得のフロンターレ、岡田選手のキックから激しい攻防に突入。
最後は長谷川選手が頭から飛び込むも、ボールを強く押し込めない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左サイドに展開のフロンターレ、原島選手がボールを折り返す。
岸選手が落下点に追い付くも、國學院久我山の守備に潰された。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

残る猶予が少ないフロンターレ、素早く繋ぎ三笘選手がシュートを放つ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半も気付けばアディショナルタイム。フロンターレが土壇場でセットプレーを獲得。
牧選手が繰り出したボールに板倉選手が
頭で合わせるが・・・、僅かに決まらない。




写真

写真

写真

直後に試合はタイムアップ、フロンターレは0-1で惜敗。
前半のPKが痛かったが、最後まで流れを掴み切れなかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

公式戦初勝利は持ち越しとなったが、前をしっかりと見据えて欲しい。
頼むぞ若きイレブン達、青黒の誇りを抱き戦え。



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る