横浜F・マリノス VS 川崎フロンターレ

〜 2014 J1 第21節 〜

日  時 2014年8月23日(土) 19:04
試合会場 ニッパツ三ツ沢球技場
天  候 晴れ
観 客 数 14,014人
試  合  結  果
   浜 1 前 半 0 川   崎
1 後 半 0
        
        
2 0
     
得   点   者
ラフィーニャ 3分      
兵藤 慎剛 76分      


写真

 J1リーグ戦第21節、ニッパツ三ツ沢球技場にて横浜F・マリノスとの対決。
隣接する陸上競技場では子供たちの競技大会が開催、賑やかなムードに癒やされる。




写真

写真

チケット完売のビジター席。フロンターレサポーターに用意されたエリアは4ブロックの500席。
ご、500席・・・、余りの少なさに唖然呆然。
これではチケット難民続出も必至。座席数の少なさは率直に理不尽である。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

開門を迎えたスタジアム。極小空間の応援エリアはフロンターレサポーターで埋まる。
チケットを入手出来なかった仲間のためにも、力の限りサポートを尽くしたい。




写真

写真

写真

写真

何かが起きる「神奈川ダービー」。密集空間のサポーターは早々に熱気を帯びる。
夕刻と同時に応援スタート、三ツ沢の舞台に大声援が響く。




写真

写真

写真

マリノスサポーターのブーイングが響く中、力強いエールを送るサポーター。




写真

写真

写真

写真

写真

更に意気上がる青黒のサポーター、選手入場直前に川崎市民の歌を熱唱。
超過密空間が闘いのメンタリティを加速させる。




写真

写真

写真

写真

写真

GKの2選手がピッチに登場、サポーターは力強い拍手で出迎えた。




写真

写真

写真

コールリーダーが向きを変え、メインスタンドのフロンターレサポーターに応援を呼びかけ。
メインスタンドのサポーターは大声援で呼びかけに呼応。
応援エリアは離れていれど、サポーターの気持ちは一つである。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

残るイレブンもピッチに登場、サポーターと全力の勝負を誓う。
5月のホームゲームはいいところ無く完敗、敵地での雪辱を果たしたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

日没を迎えたスタジアム、多湿であるが酷暑は過ぎ去った。
応援には最適の気候条件、サポーターの拍手も普段以上の力強さ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

激闘の一戦を目前とし、エンジン全開のフロンターレサポーター。
是が非でも負けられぬ「神奈川ダービー」、ハートは必然的に熱くなる。




写真

写真

フォルツァ幕とヨシメーター幕が搬送し忘れるハプニング。
到着と同時に取り付け開始、キックオフに何とか間に合った。




写真

写真

写真

写真

間もなく激闘の90分が開幕。タオルマフラーを掲げ選手入場の時を待つ。
威風堂々と勝負に立ち向かえ、誇るべきフロンターレの選手達。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

熱狂が渦巻くスタジアム、熱き戦いは火ぶたを切って落とされた。
頼むぞリッキー(杉山選手:背番号1 GK)、ゴールに「鍵」をかけてくれ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

先制攻撃を仕掛けるフロンターレ、森谷選手(背番号19:MF)が鋭く切れ込む。
ゴールライン際からクロスを繰り出すが、マリノスの守備網に阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後にマリノスも逆襲。中盤でボールを奪い左サイドを浮上。
折り返したボールに登里選手(背番号23:MF)が対応。
・・・ん?ハンドだと??




写真

写真

写真

写真

写真

しかも場所がペナルティエリア内。早々にPKと大ピンチ。
頼むぞ杉山選手(背番号1:GK)、是が非でもボールを弾いてくれ。




写真

写真

写真

写真

写真

サポーターの切なる願いは届かず、ラフィーニャ選手(背番号18:FW)にPKを決められた。
早々の失点を献上したが、ドンマイだノボリ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は激しい攻防の連続。ラフィーニャ選手の個人技に苦しむ展開。
密集空間の撮影は困難を極め、試合状況を追うのも難しい(と手抜き)。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

中盤で中村選手(背番号14:MF)と中町選手(背番号8:MF)の攻防。不覚にもボールを奪われた。
大島選手(背番号16:MF)も振り切られそうになるが、中村選手がこぼれ球を奪い戻す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左右にボールを回すフロンターレ。対するマリノスの守りもしつこく追随。
この場面はコーナーキックを獲得。同点に追いつくチャンス到来。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

場面はマリノスのフリーキック。マリノスの方の中村選手(背番号10:MF)のキックが炸裂。
ファーサイドに流れたボールに大久保選手(背番号13:MF)が対応。
この場面は守備での貢献を見せた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが速攻を披露。レナト選手が鋭いドリブルでマリノスの守備を振り切る。
最後はクロスを繰り出したが、中澤選手(背番号22:DF)の壁に跳ね返された。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

続けて小林選手が浮上。手薄なマリノスの最終ラインを素早く突く。
マリノスの選手と交錯して転倒するも、主審の判定はプレー続行。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合はマリノスが主導権を握り、フロンターレが後手に回る状況。
両サイドのマークの甘さを狙われ、マリノスに再三のクロスを許す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

まずは同点に追い付きたいが、マリノスの厳しいマークに阻まれる。
小林選手(背番号11:FW)にも容赦無いガードの嵐、なかなか活路を見いだせない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

リーグ戦2試合連続ゴールで波に乗るレナト選手。中盤からドリブルで急浮上。
そのままクロスを繰り出し、コーナーキックを獲得。




写真

写真

写真

写真

ファーサイドに繰り出されたボールを、ジェシ選手(背番号5:DF)がヘッドで折り返す。
マリノスゴール前にボールが落下するも、合わせる選手が不在であった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試ジェシ選手が左足を大きく投げ出し、ラフィーニャ選手の突破を封じる。
時間の経過と共に際どいプレーが増えつつある。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は恐らく前半30分前後。マリノスの攻撃に守勢のフロンターレ。
マリノス側の観客席からブーイングが飛び交っているらしいが、
密集したコアゾーンで無理な姿勢での撮影。
それだけで精一杯につき、外野の様子は把握不能。




写真

写真

写真

写真

写真

マリノスの攻撃を耐え抜いたフロンターレ。直後に大きなチャンスが到来。
マリノスゴール前で混戦に突入、折り返されたボールを大久保選手がループシュート。
技ありの一撃は・・・、惜しくもクロスバーを直撃。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

その後も粘ったフロンターレだが、連携が乱れラフィーニャ選手がボールを奪取。
登里選手が急いで追いかけ腕を伸ばすや、ラフィーニャ選手を倒して(倒れて?)しまった。




写真

写真

写真

主審が駆け寄りプレーを停止。これはファウルはやむを得ない。
・・・え?ノボリに2枚目のイエローカード。
そして退場処分とは!?!?





写真

写真

まさかの警告に場内は騒然。フロンターレの選手は思わず主審に詰め寄る。
確かに腕は伸ばしたが、警告に値すべきプレーなのか・・・。




写真

写真

写真

写真

無念だが判定は覆らない。登里選手は肩を落としてピッチから退出。
仲間の選手やスタッフに励まされるも、早々にメインスタンド下に姿を消した。




写真

写真

写真

写真

数的不利の戦いに突入のフロンターレ。直後にマリノスのカウンターを食らう。
ラフィーニャ選手に最終ラインの裏を疲れるが、森谷選手が必死のカバー。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

マリノスの攻撃は止まらない。負傷を抱える齋藤選手(背番号11:FW)が厳しく踏み込む。
森谷選手がかわされるも中村選手が対応、瀬戸際で攻撃を断ち切った。




写真

写真

写真

写真

フロンターレのゴール裏は超過密空間。サポーターの激しい息遣いが充満。
応援の勢いを保つべく、コアゾーンには激しい水しぶきが舞う。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

速攻を仕掛けるフロンターレ、大久保選手から小林選手へボールを託す。
ドリブルで浮上し鋭い折り返しを披露・・・のはずが、
一瞬迷った隙に、マリノスの守備網に囲まれてしまった。




写真

写真

写真

マリノスが直後にカウンターを披露。中村選手がサイドライン際からロングクロスを放つ。
ボールは瞬く間にフロンターレゴール前に到達。杉山選手がセーブするも危なかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半も残された時間は僅か。何としても同点に追い付きたい。
中村選手が起死回生の縦パスを放つが、レナト選手には届かなかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

マリノスの縦パスをジェシ選手がブロック、
バックラインでパス交換を経て中村選手にボールを託す。
前線に再びロングパスを繰り出すが、
レナト選手には小林選手(背番号13:DF)が密着、これまた繋がらない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半はアディショナルタイムに突入。フリーキックのチャンスを掴んだフロンターレ。
中村選手のフリーキックにジェシ選手が合わせるも、マリノスがブロックして及ばない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが立て続けのコーナーキック。マリノスゴールに圧力を加える。
しかし何れの場面も押し切れず、マリノスの壁に阻まれてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に前半が終了。引き上げる選手達に力強い拍手。
・・・が、それをかき消す激しいブーイングの嵐が沸き起こる。
それは審判団に対する激しい怒り。不可解な判定を乱発し、
挙句の果てに登里選手が退場。前半にして試合が壊れてしまった抗議の意思。
メインスタンドのサポーターからも強烈なブーイング、それは凄まじきシーンであった。




写真

超過密空間で戦うサポーター。消耗の度合いは半端ではない。
個人的には不安定な姿勢で撮影を強行。足腰に相当の負担がかかる。
・・・ん?マリノスサポーターがピッチに向かいバナナを振っただと?




写真

写真

写真

その時は差別的行為を知る術も無く、走馬灯の如くハーフタイムが過ぎ去った記憶しかない。
そして選手がピッチ復帰、後半の戦いは目前である。




写真

写真

中村選手が突如Uターン。厳しい表情を変えること無くベンチ側に戻る。
風間監督から何やら指示を受け、再びピッチへ走り去った。




写真

写真

写真

写真

写真

1点ビハインドのフロンターレだが、試合はまだ半分を経過したに過ぎぬ。
頼むぞ我らがフロンターレ、逆転勝利を目指し熱戦は再開。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ラフィーニャ選手の勢いを止められぬフロンターレ、カウンターから鋭い一撃を食らう。
これは幸いにもゴール枠を外した、運を味方につけて反撃開始。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前に繰り出す大島選手に、マリノスの選手が厳しいチャージ。
前半から不可解な判定の連続、大久保選手も苛立ちを隠せない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ジェシ選手とラフィーニャ選手が交錯。ジェシ選手が振り払うような仕草。
これにラフィーニャ選手が怒りの反応、一触即発の空気爆発。




写真

写真

写真

写真

ピッチ上には両チームの選手が入り乱れ、収拾が取れぬ事態に。
ゲームは半ば崩壊寸前。ジェシ選手も怒りが収まらない。




写真

スタジアムの空気は険悪の一途、異様な空間へと成り下がる。
嫌な雰囲気を断ち切るべく、サポーターは力強い応援を再開。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

マリノスの猛攻に苦境のフロンターレ。数的不利の影響は隠せない。
サポーターは粘り強く声援を続け、ピッチ上の選手に英気を送る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

細かく繋ぎ前進を図るフロンターレ、小宮山選手と大島選手のコンビで浮上。
大島選手のスルーパスを合わせ切れなかった小宮山選手、思わず天を仰ぐ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

マリノスが大きなクロスを放つが、杉山選手がガッチリとセーブ。
藤本選手の勢いが止まらず杉山選手の腹部に激突。これは少々悪質であろう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

ピッチに倒れた杉山選手だが、程なくプレーに復帰。
しかし激突の影響が残るのか、プレーが幾分不安定である。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後にフロンターレが反撃、中村選手のスルーパスにレナト選手が反応。
鋭いシュートを繰り出すが、マリノスのゴール枠を外してしまう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

マリノスの攻撃を跳ね除けたフロンターレ、繋いでレナト選手のドリブルで崩す。
コーナーキックのチャンスを獲得、セットプレーのチャンスを生かしたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

数的不利のフロンターレだが、マリノス相手に互角の戦いを披露。
小林選手のパスをレナト選手が受けドリブルで浮上、しかしマリノスの壁が阻む。




写真

写真

写真

写真

しかし直後にピンチが到来。守備の乱れをマリノスに狙われてしまった。
ラフィーニャ選手のシュートを弾くも、こぼれ球を兵藤選手(背番号7:MF)に奪われた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

兵藤選手に至近距離から押し込まれ、苦杯の追加点を献上。
更なる窮地へと追い込まれたフロンターレ、しかし簡単には諦めないぞ。



写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左右に繋ぐフロンターレ、マリノスに揺さぶりを仕掛ける。
しかしマリノスのチェックも厳しく、大胆な突破を封じられる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

縦パスに飛び出す大久保選手。榎本選手(背番号1:GK)が抑え及ばない。
大久保選手は悔しさのあまり、マリノスのゴールネットを握りしめる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

小宮山選手が怒涛のサイド突破、コーナーキックのチャンスを獲得。
意地でもゴールを奪いたい。超過密空間のサポーターは熱きエールを送る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

気が付けばフロンターレは2選手を交代。
先発から遠ざかる田中選手(背番号3:DF)、古巣相手に意地を見せたい。




写真

写真

この場面は軽やかにボールを裁き、小林選手が縦へ飛び出す。
しかしマリノスも中澤選手が対抗、巧みな寄せに動きを封じられた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は気付けばタイムアップ。無得点で返り討ちにあってしまった。
発熱で欠場の谷口選手の不在は大きく、登里選手の退場も痛かった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

選手達は苦々しい表情を浮かべゴール裏へ。退場処分となった登里選手も挨拶に参加。
うなだれる登里選手を、中村選手がそっと励ましていた。




写真

写真

敗戦は素直に認めざるをえないが、何かと後味が悪い一戦であった。
しかしここで立ち止まるわけにはゆかぬ。
8月最後のアウェイゲーム、瑞穂の地で公式戦の連敗を止めるぞ。


※試合中のマリノスサポーターの差別的行為に対し、Jリーグは横浜F・マリノスにけん責と罰金500万円の制裁処分を下しました(2014年8月29日付)。


<フロンターレの出場メンバー>
GK:杉山
DF:小宮山、實藤、ジェシ
MF:大島、中村、森谷、登里
FW:小林、レナト、大久保
SUB:西部、田中、井川、中澤、稲本、山本、金久保
<フロンターレの選手交代>
森谷>山本(81分)
實藤>田中(86分)



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る