ヴァンフォーレ甲府 VS 川崎フロンターレ

〜 2014 J1 第30節 〜

日  時 2014年10月26日(日) 19:04
試合会場 山梨中銀スタジアム
天  候 曇り
観 客 数 10,536人
試  合  結  果
甲   府 1 前 半 1 川   崎
1 後 半 0
        
        
2 1
     
得   点   者
阿部 拓馬 26分   16分 レナト
佐々木 翔 80分      


写真

J1リーグ戦大30節、アウェイ小瀬にてヴァンフォーレ甲府戦。
初冠雪を迎えた壮大な富士山、晩秋の絶景にうっとり。




写真

富士山に見とれてしまい、富士急行線に寄り道。
寿駅付近の有名撮影ポイントでぶらり撮影。
撮影後は吉田のうどんも楽しみ世は満足、既に試合に勝った気分。




写真

写真

小瀬到着前にお腹いっぱいとなりましたが、タイトル獲得の望みを繋ぐ大切なゲーム。
と言いつつハロウィン姿のふろん太とカブレラをついつい激写。




写真

ヴァン君と相撲で一本勝負、はっけよーい・・・。




写真

実際の勝負はこちら。おしゃべりトコトコふろん太VSヴァン君のぬいぐるみ対決。
先輩格のヴァン君に挑むふろん太君。白熱の勝負の行方は如何に?




写真

写真

長丁場の戦いはふろん太君に軍配。カブレラと一緒に大喜び。




写真

写真

写真

写真

開門前にして秋の甲府を満喫し放題ですが、本題の勝負を忘れてはならぬ。
開門と同時に応援準備を開始。手慣れた連携で巨大幕を取り付ける。




写真

写真

写真

写真

観客席最上段のポールに横断幕を装着、ピッチからの見通しも優れ貴重なスペース。
時間をかけつつ6枚の幕を設置完了。ゴール裏の演出に一役買う。




写真

写真

写真

程なくしてフロンターレの選手バスがスタジアムに到着。
絶対に落とせぬ勝負を控え。サポーターの熱い視線が注がれる。




写真

写真

緊張感が高まるゴール裏。怪我で離脱中のジェシ選手(背番号5:DF)が挨拶に登場。
ゴールネットの真裏に直立不動、帽子を外しサポーターに深々と一礼。




写真

写真

写真

写真

ジェシ選手の復帰が待ち遠しい、魂を込めた鉄壁の守りを見たい。
ジェシ選手待っているぞ。再び熱き舞台で共に戦おう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合開始までおよそ45分。GKの2選手が登場。
頼むぞリキ(杉山選手:背番号1:GK)、フロンターレに勝利をもたらしてくれ。




写真

写真

写真

写真

写真

続けて残るイレブンが続々とピッチへ足を運ぶ。
この日誕生日を迎えた中澤選手(背番号7:DF)、勝利でバースデーを祝いたい。




写真

写真

写真

難しい戦いはとうに覚悟、敵地で勝ち点3を是が非でも掴みたい。
頼むぞ青黒の選手達、勝利に飢えたサポーターに歓喜を!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

日曜夜のアウェイゲームにも関わらず、ビジター席はサックスブルー一色で埋まる。
フロンターレが大好きな同士が小瀬に集結、熱狂的空間を醸し出す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大宮戦のハットトリック以降、リーグ戦のゴールが遠ざかる大久保選手(背番号13:FW)へ
サポーターは渾身のエールを送る。
頼むぞヨシト!熱きハートで甲府のゴールをぶち抜いてくれ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

アウェイゴール裏に登場のふろん太とカブレラ。
初アウェイの熱気に圧倒気味のカブレラ、想像以上の迫力に直立不動!?




写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合前に小雨が舞い込むも、サポーターの熱気で雨雲を追放。
戦う舞台は整った。節なる願いよピッチに向かう選手へ届け。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

闘いの時迫る中、両チームの選手達がピッチに登場。
そんな中さり気なく目立つカブレラ。初アウェイらしからぬ堂々ぶり。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

タイトルの夢を繋ぐには勝利が絶対、もはや迷いは皆無である。
全力で戦えフロンターレ!敵地で勝ち点3をゲットするぞ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

立ち上がり直後のフロンターレ、守備の不安が見え隠れ。
ルーズボールの処理にもたつくも谷口選手(背番号15:DF)が対応、
ヘディングのバックパスで杉山選手(背番号1:GK)にボールを逃がす。




写真

写真

写真

写真

先制攻撃を仕掛けるフロンターレ・・・のはずが、パスが乱れてしまう。




写真

ピッチ上の選手に力みがあるのか、不安な立ち上がりを目の当たり。
選手達を緊張から解き放すべく、サポーターは大きな声援を送る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが徐々にペースアップ。
左右に展開し大久保選手(背番号13:DF)がファーストシュート。
ミドルレンジからの一撃は甲府のゴール枠を外す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府が鋭い縦突破。阿部選手(背番号9:FW)がドリブルで駆け上がる。
この場面も谷口選手が反応。巧みに体を挟み込む。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

最終ラインでボールを回し、攻撃の機会をうかがうフロンターレ。
甲府のプレッシャーは予想外に早く、突破のタイミングが図れない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

右サイドに展開のフロンターレ。低いスルーパスは小林選手(背番号11:FW)と呼応せず。
ここは一旦仕切りなおし。サポーターは切らさず応援を続行。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

細かく繋ぐフロンターレだが、いささか窮屈な印象もある。
甲府のゴール前は選手が密集、繊細さが僅かでも欠くとボールを奪われる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左右に繋ぐフロンターレ、大久保選手のパスを森谷選手(背番号19:MF)がシュート。
遠目からの一撃は精度を欠き、ボールは外に流れてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に甲府がカウンター。左サイドを切り裂きフロンターレのファウルを誘発。
セットプレーの危機を迎えてしまい、フロンターレのゴール裏に緊張が走る。




写真

写真

写真

山本選手(背番号4:DF)のフリーキックは、杉山選手が冷静にキャッチ。
ピンチは早々に消失、再び攻撃するぞー。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府の最前線は盛田選手(背番号19:FW)。気迫のプレーを魅せつける。
2001シーズンを共に戦った盛田選手。
13年の時を経てJ1の舞台で激突するとは感慨深い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは徹底的に繋ぐ作戦。大島選手(背番号16:MF)が大きなパスを繰り出す。
縦に大きく浮いたボールに小林選手が走るが、惜しくも届かない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

集中力が乏しいフロンターレ。中盤のキープ力が優れない。
甲府にボールを奪われシュートを浴びる、危ない場面であった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府のプレッシャーに苦しむも、谷口選手のパスを起点に浮上。
左サイドを登里選手(背番号23:DF)が駆け上がり、
甲府のペナルティエリア直前まで浮上。




写真

写真

写真

ボールは大島選手を経由し、右サイドの田中選手(背番号3:DF)に到達。
そのまま駆け上がり鋭いクロス、これは山本選手に弾かれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

一度はチャンスを逃したものの、田中選手のクロスからチャンスが到来。
甲府のクリアボールを頭で繋ぎ、レナト選手(背番号10:MF)が気迫のボレーシュート!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

難しい体勢からの一撃ながらも、甲府ゴールを見事に貫いた。
レナト選手のゴールでフロンターレが先制。ゴール裏のサポーターも大爆発。




写真

写真

写真

写真

リスタート直後に甲府が奇襲を仕掛け、フロンターレの守備乱れてしまう。
この場面は谷口選手が粘りの対応、ジウシーニョ選手(背番号11:MF)を必死に食い止める。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

再び攻撃と思いきや、あっさりと攻撃が途絶えたフロンターレ。
甲府の反撃に守備が後手に回り、
石原選手(背番号7:FW)のミドルシュートを浴びてしまう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレの連携に緻密さが喪失、攻撃の起点すら見出だせぬ状況。
甲府も絶好機には至らぬも、歯がゆい時間帯に突入する。




写真

写真

写真

写真

写真

甲府からボールを奪取成功、中盤に浮上し森谷選手が起死回生の縦パス。
小林選手が飛び出すも呼応し切れず、ボールは甲府の選手に渡る。




写真

写真

写真

写真

写真

直後に甲府がカウンター。阿部選手が抜け出しヘッドで叩き込む。
やられた・・・と観念するもオフサイドの判定。ここは辛うじて命拾い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

幻の失点で救われたフロンターレ。幸運を攻撃に生かしたい。
しかしパス交換が窮屈なまま。大久保選手へのプレッシャーも厳しく流れを得られない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半も25分あまりが経過。両者の膠着状態が続く。
小林選手は引き気味のプレー。甲府の圧力は見た目以上に強そうだ。




写真

写真

直後に暗転のフロンターレ。ジウシーニョ選手のロングパスが襲い掛かる。
甲府の中央突破に完全に対応が遅れ、もたつく間に阿部選手の一撃を食らう。




写真

写真

写真

写真

阿部選手のシュートはフロンターレゴールに突き刺さり、試合は振り出しに戻ってしまった。
しかし試合は前半途中、仕切り直して戦いを続けるぞ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

失点と同時にリズムが一転、フロンターレの連携に緻密さが失せてしまう。
攻守に渡り後手の状況、別物のチームに様変わり。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

集中力を立て直したフロンターレ、ボールを繋ぎ攻撃を組み立てる。
しかし最前線への供給が雑、甲府の守備網にまんまとハマる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真
写真

攻撃に大胆さを欠くものの、小林選手の突破で甲府のファウルを誘い出す。
フリーキックのチャンスを得たフロンターレ、この好機を生かしたい。




写真

写真

写真

森谷選手が繰り出した弾丸ライナーは、萩選手(背番号1:GK)の攻守に阻まれた。
コーナーキックのチャンスが継続、今度こそ甲府ゴールを貫きたい。




写真

写真

レナト選手の繰り出したコーナーキックに、小林選手が頭で合わせる。
しかしここは及ばない。甲府の壁に阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

繋ぐサッカーを貫くも、フロンターレのプレーに硬直さが目立つ。
突破を図ると思いきやバックパスを連発、歯がゆい状況が苦々しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

孤軍奮闘の大久保選手に対し、甲府のプレッシャーは素早く厳しい。
大久保選手が封印されると破壊力が激減、このあたりは研究し尽くされた感が強い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左サイドを攻め立てるフロンターレ、大島選手との連携でレナト選手が飛び出す。
ゴールライン際から鋭い切り返しを披露。
流れたボールを田中選手が蹴り込むも、甲府のゴール枠を外してしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府が直後に右サイドを浮上、狭い空間を粘りのボールキープ。
対するフロンターレは登里選手が対応。。ライン際で必死にボールを掻き出す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

右サイドに逃れたフロンターレだが、田中選手が不覚のボールロスト。
直後に反撃を食らうも必死のクリア、何とか失点だけは免れた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半も残すはごく僅か。大島選手のパスから左サイドに展開。
後方から駆け上がった登里選手がクロスを放つも、構える大久保選手には届かない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府は徹底した右サイド狙い、攻撃の枚数は少ないが粘りの繋ぎ。
ジウシーニョ選手が突破を図るも、登里選手が追随して好機を潰す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半何時しかアディショナルタイム、甲府がフリーキックを獲得。
山本選手が繰り出したボールを盛田選手がヘッド。
あわや「恩返し弾」を食らう羽目に。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に前半がタイムアップ。1-1の同点で試合を折り返す。
先制点を得るもその後の運びが優れぬフロンターレ、後半も苦戦は必然なのか。




写真

写真

写真

応援の疲れを癒やすサポーター、ふろん太とカブレラが眼前に登場。
あれ?ヴァン君とフォーレちゃんは??




写真

写真

おっと、お待ちかねの2匹が遅れて登場。
この車に4匹(?)が一緒に乗れば、最高の写真が撮れたのに・・・。
うむ、4匹(?)同時では車が重さで潰れそう。




写真

写真

写真

写真

写真

ハーフタイムは瞬く間に過ぎ、後半の戦いが間近に迫る。
フロンターレは田中選手に代えて中村選手(背番号14:MF)を投入。
頼むぞケンゴ!必殺のパスで甲府の壁を切り裂け。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半開始のホイッスルが響く、必ずや勝ち点3を持ち帰るぞ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中村選手の投入で変化を期待するも、フロンターレの動きは今ひとつ冴えない。
中盤の乱れからセットプレーを献上、ここは気持ちを引き締めたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府が右サイドを浮上、後手に回るフロンターレ。
石原選手の浮かしたパスは杉山選手がセーブ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

対するフロンターレも左サイドを攻略。大久保選手がキープし中村選手が前に繰り出す。
森谷選手がトラップから折り返しを図るが、ジウシーニョ選手に潰された。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

立て続けに前に繰り出すフロンターレだが、前線の選手と呼応しない。
中村選手のパスは伸びが強く、萩選手がガッチリと抑えこむ。




写真

写真

写真

写真

直後に甲府のカウンターが炸裂、マルキーニョス パラナ選手(背番号5:DF)が抜け出しクロス。
ゴール前にはフリーの盛田選手。強烈なヘッドであわや「恩返し弾」の献上寸前。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

防戦が続くフロンターレ。小林選手も中盤までポジションを下げざる得ない状況。
甲府のチェックは依然と厳しく、攻撃の起点すら見出だせない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

中盤を繋ぐフロンターレ。大久保選手が起死回生のパスを放つ。
レナト選手が飛び出しを図るも、オフサイドの判定に万事休す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府も即座に反撃開始、ショートコーナーから一気に叩き込まれる。
至近距離から強引にゴールネットへ押し込まれるも、
オフサイドの判定に辛うじて救われた。




写真

写真

田中選手混戦で負傷、ピッチに倒れこむ姿を心配そうに見つめるサポーター。
結局このまま復帰は果たせず、数分後に小宮山選手(背番号8:DF)と交代。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

次々と仕掛けるフロンターレ。中村選手のミドルシュートも炸裂する。
徐々にではあるが流れは傾きつつある。しっかりと戦況を見届けたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

好況を期待するも流れは即座に暗転、甲府が再び猛攻を仕掛ける。
フロンターレは体を張った守りで対抗、苦しい場面が連続する。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府の守備を掻い潜り、懸命に繋ぐフロンターレ。
右サイドに展開し大島選手が突破を図るが、ライン際のクロスは跳ね返された。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

場面はフロンターレのフリーキック。距離はあるが甲府ゴールの真正面。
中村選手が転がしたボールを大久保選手がシュート。甲府の壁に阻まれ撮影ならず(汗)。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

両者の攻防が繰り返されるも、互いに決定機には至らない。
小林選手も得意の飛び出しは影を潜め、持ち味はなかなか発揮出来ない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中央を切り裂くフロンターレ、右サイドから小宮山選手がクロスを披露。
ハイボールをレナト選手が頭で合わせるも、小林選手には届かない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府の反撃に手を焼くも、攻撃の手を止めぬフロンターレ。
中村選手のスルーパスに大久保選手が反応、これはタイミングが合い切れず。




写真

写真

写真

写真

甲府が大胆な縦突破。フロンターレの最終ラインは応対が遅れた。
中村選手が戻りフォローに入り、危険の芽を摘み取った。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左サイドを粘るフロンターレ、最後は登里選手が渾身のクロス。
それなりに攻め続けてはいるものの、甲府の守備を崩すには至らない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

手に汗握る攻防戦が続き、後半も残すは10分余り。
場面は甲府のコーナーキック。大きな声援で守備を後押ししたい。




写真

写真

強い緊張感が走る中、山本選手のフリーキックが繰り出された。
至近距離から佐々木選手が気迫のヘッド。完全にマークが外れてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

至近距離からの一撃に抵抗の術もなく、逆転ゴールを献上。
小瀬の地に甲府サポーターの歓喜の雄叫びが響く。




写真

写真



写真

写真

写真

写真

J1残留へ必死の甲府だが、フロンターレもタイトル獲得へ必死の思い。
このままやられてなるものか!気持ちを引き締め応援再開。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

奇襲を仕掛けるフロンターレ。しかしこれは通用せず。
直後にフロンターレは最後の選手交代。
森谷選手に代わり森島選手(背番号9:FW)を投入、頼むぞデカモリシ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

逆転が必須のフロンターレ、中村選手が右足を鋭く振り抜く。
森島選手が最前線に飛び出すも、甲府の圧力に動きを阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

リードを得た甲府であるが、攻撃の手は一向に緩めない。
もたつくフロンターレを尻目に新井選手(背番号8:MF)が豪快な一撃。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

両サイドを攻め上がるフロンターレ。サポーターも懸命の後押しを継続。
残された時間は恐らく10分弱、逆転のチャンスは十分に残る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

甲府は徐々に時間を稼ぐも、隙あらば攻撃を仕掛けてくる。
盛田選手の動きに衰えは見られない。緊迫の守りを強いられる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

気が付けば後半もアディショナルタイム。残された猶予はごく僅か。
タイトル獲得の希望を繋ぐには、ここで諦めるわけにはならない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

強引に切り裂くフロンターレ、小林選手がライン際から切り返す。
・・・が、甲府のガードに阻まれた。




写真

写真

写真

絶体絶命のフロンターレだが、中村選手のコーナーキックにすべてを託す。
杉山選手がゴールポストを飛び出し、捨て身の空中戦。




写真

写真

こぼれ球を中村選手がクロス、谷口選手が果敢な空中戦を挑む。
これは萩選手がパンチング。どうしてもシュートに至らない。




写真

写真

写真

もはや後が無いフロンターレ。登里選手が渾身のミドルシュート。
・・・が、ボールは大きくそれてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に試合はタイムアップ。甲府に苦杯の逆転負け。
下位相手に勝ち点を積み重ねられず、極めて痛い結末であった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

敗戦にうなだれる選手とサポーター。無念の思いが胸に詰まる。
・・・と、甲府駅からの終電に急ぐべく、急いで抜け出しごめんなさい。
終電より一本前の電車に間に合いましたが、悔しさは募るのみ、はぁ。



<フロンターレの出場メンバー>
GK:杉山
DF:田中、實藤、谷口、登里
MF:山本、大島、森谷、レナト
FW:小林、大久保
SUB:新井、中澤、小宮山、稲本、パウリーニョ、中村、森島
<フロンターレの選手交代>
山本>中村(46分)
田中>小宮山(60分)
森谷>森島(83分)



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る