川崎フロンターレ VS 清水エスパルス

〜 2014 J1 第31節 〜

日  時 2014年11月2日(日) 16:04
試合会場 等々力陸上競技場
天  候 曇り
観 客 数 19,169人
試  合  結  果
川   崎 2 前 半 1 清   水
0 後 半 2
     
     
2 3
     
得   点   者
福森 晃斗 19分   40分 六平 光成
小林 悠 44分   50分 吉田 豊
      90分 村田 和哉


写真

2014シーズンJ1第31節。ホーム等々力で清水エスパルスとの対戦。
前節のアウェイ甲府戦でよもやの敗戦、タイトル獲得へ向け赤信号点滅のフロンターレ。
重く張り詰めた空気を払拭すべく、一発幕の制作に着手。




写真

写真

写真

写真

丁寧に文字を描き入れ、完成した幕がこちら。
を一つに、川崎のサッカーを貫き楽しもう!!!」
勝負にこだわりかつ楽しいサッカーを探求し、行き詰まり感を打破したい。




写真

写真

メインスタンド裏スペースにサポーターが集結、選手バスを盛大に出迎える。
選手バスがスタジアムに近づくにつれ、熱気の高まりを感じさせる。




写真

写真

写真

写真

割れんばかりの声援と熱気の中、選手バスがスタジアムに到着。
ここで一発幕を掲出・・・と思いきや、ここは敢えて自重。




写真

写真

大勢のサポーターの魂の叫び、戦いに向かう選手の心に響いたはず。
ホーム等々力のゲームも残すは2試合、攻撃的な川崎のサッカーを魅せつけて欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

秋の等々力大決戦、チケット完売のスタジアムは人波で埋まる。
選手のアップに合わせて一発幕を掲出、川崎らしいアグレッシブなサッカーを楽しもう!




写真

写真

写真

写真

タオルマフラーを堂々と掲げ、意気込みを高めるサポーター。
威風堂々熱き魂よ、等々力の地に宿れ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

超満員のスタジアム、もはや身動きすら取りづらい。
大勢の人垣をかき分けるのも困難、メインスタンドへ移動しての撮影は断念。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

熱気溢れる等々力劇場、勝負への準備は整った。
対戦相手の清水はJ2降格の危機と勝利が命題。
対するフロンターレもタイトル獲得へ落とせぬ勝負、絶対に譲れぬ一戦である。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

負傷者続出で苦境のフロンターレ、今ある力を出し尽くすのみ。
左足に痛みを抱える中村選手(背番号14:MF)も先発復帰、満身創痍の勝負に挑む。
頼むぞケンゴ!(無理は禁物で・・・)




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水の先制攻撃が炸裂、中央から竹内選手(背番号20:MF)がシュート。
鋭い一撃はフロンターレゴール枠を外し、幸先の失点は免れた。




写真

写真

写真

左SBは福森選手(背番号22:DF)が久々の先発、空中戦で積極的に競い合う。
出場機会が限られ存在感が薄れつつある中、絶好のアピールの機会であろう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが攻撃を仕掛けようとするが、中盤であっさり途絶えてしまう。
六平選手(背番号16:MF)がセンタリングを繰り出すが、福森選手が的確な守備で対応。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

続けて清水の攻撃、左サイドからのクロスは大前選手(背番号10:FW)に到達。
背後から福森選手が粘りのマーク、大前選手の動きを封じ込める。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは素早くボールを繋ぎ、福森選手が起死回生のロングパス。
鋭いボールはセンターサークルを一気に抜き去り、小林選手の頭にジャストミート。
ドンピシャのタイミングのヘディングシュートは、惜しくも櫛引選手(背番号1:GK)の正面。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

守備が相変わらず危なっかしいが、清水の攻撃を断ち切ったフロンターレ。
ここからじわりと反撃体制。小林選手が冷静にボールを回す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

縦に切り出すフロンターレ、大島選手(背番号16:MF)の浮かしたパスに
大久保選手(背番号13:FW)が飛び出す。
これはオフサイドの判定、いいタイミングで飛び出したが清水の術中にはまる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水もすかさず逆襲へ、中盤にせり出した井川選手(背番号4:DF)の反応が遅れた。
それでも何とか食らいつき、右足を投げ出しクロスを封印。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

場面は清水のコーナーキック、フロンターレサポーターに強い緊張が走る。
大前選手のコーナーキックをノヴァコビッチ選手(背番号18:FW)が合わせるが、清水のファウル。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

縦に切り裂くフロンターレ、逆にコーナーキックを獲得。
レナト選手(背番号10:FW)のキックが炸裂するも、目立った好機には至らない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

手に汗握る攻防の連続、フロンターレが清水からボールを奪取。
中村選手のシュートを大久保選手が豪快に押し込み、フロンターレが先制!
歓喜に沸く等々力の舞台・・・のはずが、オフサイドの判定に意気消沈。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左右に繰り出すフロンターレ。福森選手のクロスを小林選手が肩口でトラップ。
落としたボールを豪快に蹴り込むも、櫛引選手の好セーブに阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に清水が攻め戻すも、福森選手が守備に奮闘。
パスの精度が素晴らしく守備面の貢献度も高い、福森選手のプレーに気持ちがみなぎっている。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

福森選手ガボールを中央に戻し、中村選手がファウルで転倒。
清水ゴール真正面でのフリーキック、これは大きなチャンスである。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

中村選手のフリーキックは清水の壁に激突すれど、直後にコーナーキックのチャンス。
蹴るのはもちろん中村選手、大きな助走から鋭いボールが放たれた。




写真

写真

写真

写真

写真

中村選手が繰り出したボールは、誰かにぶつかり清水ゴールへと吸い込まれた。
誰だ?誰がゴールを決めたのだ??(完璧に撮り逃し)。




写真

写真

写真

決めたのは福森選手、頭で叩き出したプロ初ゴール。
福森選手の一撃に場内は狂喜乱舞、これぞ等々力激空間!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

先制点を決め勢いづくフロンターレ。サポーターの拍手も躍動感に溢れる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

・・・と、谷口選手がノヴァコビッチ選手を倒してフリーキックを献上。
このプレーは実に勿体無いが、切り替え守備に専念したい。




写真

写真

写真

写真

写真

清水のフリーキックの危機を断ち切り、再び攻め立てるフロンターレ。
小宮山選手(背番号8:DF)が右サイドを浮上し豪快なクロス!
ボールはあわや清水ゴールの中。




写真

写真

写真

レナト選手のコーナーキックを井川選手がヘッド。
これは櫛引選手がセーブするも、フロンターレが押せ押せの好ムード。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は前半30分を経過、早い展開に時間の経過も早い。
早々に追加点をゲットしたい、サポーターも快調に声を飛ばす。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水が左サイドに展開、素早いクロスに大平選手(背番号16:MF)が飛び込む。
これは及ばずも、最終ラインに隙が多い感は否めない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水のマークを抜き去るべく、中村選手のパスが炸裂!
レナト選手が縦に飛び出しを図るが、これもオフサイドトラップの罠にはまる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水のゴールキックを弾き返し、一気に切り返すフロンターレ。
レナト選手がフリーのスペースに飛び出すや、ドリブルからクロスを繰り出した!




写真

写真

大久保選手が低く飛び出すも、僅かにタイミングが合わなかった。
持ち味の攻撃を披露するフロンターレ、応援も順調に推移する。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半も残すは5分あまり、清水がサイドをスローインから浮上。
中央に折り返したボールのスピードが早く、カメラの向きが追いつかぬ。
ぁ・・・、ファインダーの外側から清水のボレーシュートが・・・。




写真

写真

写真

写真

写真

六平選手のシュートが決まってしまい、試合は振り出しに戻ってしまった。
けれども喧嘩上等、再び突き放すべくサポートを再開するぞ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

素早く繋ぎ揺さぶりを加えるフロンターレ、対する清水は構える流れ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

気迫のスライディングを連発し、清水からボールを奪取。
福森選手の縦パスから突破を図るも、中村選手へのマークが実に厳しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半も間もなくアディショナルタイム、右サイドに切り出すフロンターレ。
小宮山選手からの折り返しは中村選手の足元、丁寧にボール叩きこむ。
小林選手が斜め前方に華麗に抜けだし、冷静にボールを流し込んだ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

小林選手が技ありの追加点、フロンターレが再び試合をリード。
この時間帯の追加点は極めて大きい、試合がグッと優位になるぞぉ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

その後も清水を一方的に攻め立て、前半は程なくタイムアップ。
等々力では抜群の勝率を誇る清水戦、この流れで後半も優位に試合を進めたい。




写真

写真

さてさてお待ちかねのハーフタイム。個人的マスコットを激写タイム。
まずはコムゾーをドアップで一枚。




写真

写真

写真

おおっ!カブレラがカメラの前でポーズを決めてくれた!!
今夏のデビュー以来ずっとスルーされ放題だったのに、やっと思いが通じたぞ・・・(感激)




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

程なく後半はキックオフ、逆転タイトルへ向け恐れるものは皆無。
ピッチ上の選手共に戦おう!等々力で歓喜の夜を迎えるぞー。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半は比較的静かなスタート。両者様子見の気配が漂う。
大久保選手へのマークはなかなか厳しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大久保選手が鋭く切り裂くも、清水はヤコヴィッチ選手(背番号19:DF)が対抗。
体格差がある程度あるだけに、まともに勝負を仕掛けるのは得策で無い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中村選手のパスを起点に、左サイドに舵を切るフロンターレ。
しかし清水も素早く対応、容易く突破を図れない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水が切り返し縦パスを披露、吉田選手(背番号28:DF)が大胆な飛び出しを見せる。
最終ラインを裏を狙われるも杉山選手(背番号1:GK)が対応・・・ん??




写真

写真

写真

ボールの処理を誤ったのか、ルーズボールを悠々と蹴り込まれてしまった。
清水が再び同点に、折角のリードが・・・うーん。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ここで下を向いてはならない。左サイドに展開を図るフロンターレ。
福森選手が遠目から渾身のクロス、しかし大久保選手には届かない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

清水の速攻を辛うじて断ち切るも、クリアボールがタッチラインを割り込んでしまう。
集中力の欠如が心配な時間帯、サポーターは力強い拍手で緊張感を演出する。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻め手が乏しいフロンターレ、福森選手が起死回生のミドルシュート。
福森選手の気持ちがみなぎるプレー、サポーターも大きな声援で応える。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左足の痛みを抱えながらも、懸命のプレーを続けた中村選手。
無理が響いたのか右足を痛め無念のリタイア。ケンゴ・・・




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは最初の選手交代、担架で搬出の中村選手から金久保選手(背番号18:MF)へ。
交代に時間を要しすぎた印象、ギクシャク感は否めない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

金久保選手の交代で数的不利は解消されれど、清水の猛攻は止まらない。
危険な場面が連続すれど何とか防御、無失点で切り抜けられて御の字に尽きる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

劣勢を打破したいフロンターレ、山本選手が起死回生のミドルシュート。
さすがに距離が遠過ぎたか、清水にダメージを与えない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に清水がカウンター、あっさりと中央突破を許してしまう。
至近距離からの清水のシュートはポストの外、辛うじて失点は免れた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレゴール前の大混戦を何とか逃げ切り、カウンターに挑むフロンターレ。
金久保選手のパスに小林選手が飛び出すも、ボールの勢いが勝り繋がらない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

面倒なので途中経過はすっ飛ばし(コレッ・・・)、場面はフロンターレのフリーキック。
清水ゴール真正面の絶好のポイント、このチャンスは絶対に生かしたい。




写真

レナト選手が痛快な一撃を繰り出すも、ボールは清水ゴールの上を通過。
後半も残すは10分前後、時間だけがいたずらに流れてゆく。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

オーロラビジョンに入場者数が発表。この日も2万人近くと完売御礼。
懸命に応援する大勢のサポーターのために、是が非でも勝ち越しゴールを奪いたい。



写真

写真

写真

写真

写真

写真

場面は清水のフリーキック、折り返したボールをノヴァコビッチ選手がボレーシュート。
ここはミスショットに救われるも、フロンターレの守備は肝心な場面の甘さが残る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大久保選手が倒されフリーキックを献上。久々となるビッグチャンス。
蹴るのは金久保選手?福森選手?この好機を生かせるか?




写真

写真

写真

福森選手が蹴ったボールは、櫛引選手がファインセーブ。
しかしチャンスはまだ続く。コーナーキックからドカンとぶち込んでくれ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半も間もなくアディショナルタイム。清水が勝負を仕掛けてきた。
中盤でボールを奪取し右サイドに展開、村田選手(背番号22:DF)がドリブルから渾身のシュート。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレの守備網はまたもや崩壊。清水に勝ち越しゴールを許してしまう。
直後にアディショナルタイムに突入。このままでは絶対に終われない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレはここで選手交代、森島選手(背番号9:FW)の底力に命運を託す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は程なくタイムアップ。清水に苦杯の逆転負け。
J2降格争いの相手にまさかの敗戦。タイトル獲得の希望は大きく遠のいてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

敗戦にうなだれる選手達、一瞬の静寂を経てブーイングの嵐。
無残な敗戦にスタジアムに重い空気がのしかかる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

視線が彷徨う選手達。Gゾーンからも力ない拍手が精一杯であった。
無念の結末に愕然たる思い。等々力で勝てぬ悔しさに苛まれる。




写真

写真

写真

写真

写真

スタジアム正面にサポーターが集結。残る力を振り絞り大声援で選手バスを見送りました。
翌日の浦和の勝利により、フロンターレのリーグ戦制覇の可能性は完全に消滅。
しかし戦いは終わらない。残り3試合も力の限りサポートを尽くし、一つでも上を目指したい。



<フロンターレの出場メンバー>
GK:杉山
DF:小宮山、井川、谷口、福森
MF:山本、大島、中村
FW:小林、レナト、大久保
SUB:西部、實藤、稲本、山越、パウリーニョ、金久保、森島
<フロンターレの選手交代>
中村>金久保(65分)
小宮山>森島(90+2分)



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る