横浜F・マリノスユース VS 川崎フロンターレU-18

〜 高円宮杯U-18 サッカーリーグ2014 プリンスリーグ関東 第18節 〜


2014年12月7日 日産フィールド小机


写真

写真

プリンスリーグ2014関東は最終節。日産フィールド横浜にて、横浜F・マリノスユースとの対戦。
大勢のサポーターが試合会場に集結、
川崎フロンターレU-18のラストマッチを引き立てるべく、フェンスに横断幕を装着。




写真

澄み渡る青空の下、若きイレブンたちがウォーミングアップに勤しんでいた。
プリンスリーグ関東の残留は濃厚であるも、勝利で自力残留を果たしたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

引き締まった表情の高校3年生の選手たち、彼らにとってフロンターレU-18最後の戦い。
残された90分間を全力を出し尽くし、そして楽しんで欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

試合前に挨拶するイレブン達。温かい拍手で迎えるサポーター。
真冬の屋外の一角に、温かな空間が形成された。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

主審のホイッスルが風に乗り、2014年シーズンを締めくくる勝負がスタート。
若きイレブンの最後の闘いの模様は・・・、説明はそこそこで(最後なのに:汗)。




写真

写真

写真

写真

開始直後にマリノスが先制攻撃、対するフロンターレも無難に守る。
GKへのバックパスにマリノスの選手が詰め寄るが、深谷選手が冷静に蹴り返す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

しばし防戦のフロンターレ、岡田選手のパスから三好選手が攻撃開始。
右サイドを力強いドリブルで浮上、足の怪我は完全に癒えた模様。




写真

写真

写真

写真

マリノスは両サイドにボールを散らし、フロンターレに揺さぶりをかける。
この場面は原島選手が対応、マリノスの選手に食らいつきボールを奪取。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

マリノスの攻撃を断ち切ったフロンターレ、お返しとばかりに攻勢を強める。
クロスボールに諏訪部選手が飛び込むが、マリノスGKのセーブに遭遇。




写真

写真

写真

写真

直後にマリノスがカウンター。フロンターレゴール前は一瞬にして窮地に陥る。
島崎選手が懸命の守備で対抗、瀬戸際で失点を免れた。




写真

写真

来シーズンからトップチームに昇格の板倉選手。長身を活かしマリノスの攻撃を跳ね返す。
ボールは激しく行き交うが、互いに決定機には持ち込めない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

互いに積極的に仕掛けるが、寒さの影響からか細かいミスが目立つ。
フロンターレサポーターの数は更に増加。土手から若きイレブンを後押しする。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

三笘選手が攻め上がり、コーナーキックを獲得。
この好機を確実に決めるべく、サポーターは力を込めてエールを送る。




写真

写真

写真

三好選手が繰り出したボールに、板倉選手が果敢な飛び出しを披露。
ヘディングシュートを狙ったもののボールの下を叩いてしまい、
浮き球をマリノスのGKに奪われてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半も恐らく20分は経過。三笘選手がドリブルで右寄りを浮上。
マリノスの選手がガードに入るも、大胆にミドルシュートを繰り出した!




写真

写真

写真

写真

三笘選手のミドルシュートが見事に決まり、フロンターレが先制点をゲット!
歓喜に染まる選手とサポーター。このまま更に攻め立てろ〜。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

リスタート直後にマリノスの反撃を受けるも、三好選手が右サイドを駆け上がる。
強力なドリブルでマリノスの選手を一気に抜き去り、強烈なシュートを繰り出した。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻守に奮闘の三好選手。マリノスの速攻に素早く対応。
DF顔負けの守備力を発揮、危ない時間帯を耐え切った。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

牧選手のスルーパスに岡田選手がすかさず反応。
この場面はマリノスの守備に遭遇、もうちょっと早かったらゴールを射抜いた可能性大。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ボールの支配率はマリノスが高く、その後も押され気味の時間帯が続く。
フロンターレの守備は大きく崩れず、深谷選手も安定のセーブ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

右サイドに舵を切るフロンターレ、島崎選手が得意のクロスを繰り出す。




写真

写真

写真

岸選手がドリブルで抜け出しシュート、多少力むもコーナーキックを獲得。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

コーナーキックのチャンスを逃したフロンターレ。直後にマリノスの反撃を浴びてしまう。
再三のカウンターを必死に耐え抜くも、コーナーキックのピンチが待ち受ける。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

劣勢から抜け出せぬフロンターレ、マリノスのクロスボールが襲い掛かる。
深谷選手が両腕を伸ばしファインセーブ、ここから反撃に移りたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃の形を作りたいフロンターレだが、マリノスの強いプレッシャーに崩れてしまう。
直後に至近距離からシュートを浴びるが、辛うじて失点を免れた。




写真

写真

写真

写真

写真

手に汗握る攻防戦が展開する中、前半終了のホイッスル。
フロンターレが1点リードを得るも、予断は許されぬ状況である。




写真

写真

深く腰を下ろす選手たちに、今野監督が大きなリアクションで指示を送る。
1点のリードも安全には程遠い。若きイレブンのハートに「喝」を注ぎ込む。




写真

写真

写真

写真

写真

エンドが変わり後半戦。泣いても笑っても残された時間は45分。
持てる力を全て出し尽くし、悔いなき戦いを挑んで欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

今野監督の指示が若きイレブンの心に響いたのか、アグレッシブに仕掛けるフロンターレ。
岡田選手がライン際に詰め寄り、コーナーキックを獲得。




写真

写真

三好選手が繰り出したボールに、諏訪部選手がヘディングで合わせる。
マリノスのマークが外れ決定的・・・と思いきや、ボールを上手く叩けない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

なおも攻め立てるフロンターレ。ドリブルを交えマリノスゴールに次々と接近。
しかしあと一歩及ばず、絶好機を生かせなかった。




写真

写真

写真

直後にマリノスが反撃に移るが、長谷川選手が密着マーク。
マリノスの選手に粘り強く食らいつき、ボールを見事に奪取成功。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレはロングボールで前線へ、岡田選手が抜け出しボールをキープ。
マリノスのプレッシャーに遭遇するも、屈せず強烈な一撃を披露。




写真

写真

写真

写真

岡田選手のゴールが決まり、フロンターレに待望の追加点。
フロンターレU-18が誇るエースのゴールに、土手から声援を送り続けたサポーターも大興奮。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

2点リードを得たフロンターレだが、マリノスはすかさず反転攻勢。
どことなく緩みがちな時間帯だけに、気持ちを引き締め守りぬきたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

マリノスの攻勢を耐え抜いたフロンターレ。ドリブルでマリノスの守備網に挑む。
三好選手と岡田選手が立て続けに切れ込むが、単独突破は容易では無い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後にマリノスが反撃。一度はクリアしたかに見えたフロンターレだが、中途半端な守りとなってしまう。
マリノスにこぼれ球を拾われ被弾、もったいない形で失点を献上。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

失点で目が覚めたフロンターレ、再びゴールへの意識を高めてきた。
左サイドに展開し、原島選手がクロスを繰り出した。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

しかしながら直後に速攻を浴びて失点。試合は振り出しに戻ってしまった。
いい形で試合を進めただけに悔やまれるが、気持ちを切り替え戦いたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

再びリードを得るべく、攻撃に転じるフロンターレ。
途中投入の緒方選手が右サイドからクロスを放つ。
岸選手がボレーシュートを繰り出すが、マリノスGKの正面を突いた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合時間は残すは10分前後。フロンターレは2人目の選手交代。
「イトケン」こと伊藤選手を投入。高校時代最後となる舞台、凝縮のプレーを期待。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

緒方選手のクロスを三好選手がトラップ、至近距離からシュートを放つ。
幾度とシュートを繰り返すも、マリノスの執拗な守りに阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合時間は刻一刻と減少。マリノスも捨て身の攻撃に転じてきた。
深谷選手が懸命のセーブで対抗。追加点を絶対に与えない。




写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレも攻撃の枚数を増やし、マリノスゴールへ圧力を強める。
そして3人目の選手交代。U-16日本代表の田中選手を投入。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合はアディショナルタイムに突入。残された時間はごく僅か。
速攻>捨て身の守備>そして逆襲の連続、緊迫の攻防戦に突入する。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は同点でタイムアップ。プリンスリーグ関東は5位でフィニッシュ、自力残留決定。
後半途中までうまく試合を進めただけに、立て続けの失点は悔やむ限り。




写真

写真

写真

写真

激戦を終えた選手とサポーター。互いに健闘をわかちあう。
このメンバーで戦うのも今日が最後。ちょっぴり寂しさが募ります。




写真

メインスタンドに戻った選手たち。スタンドから観戦の親族に一礼。
若きイレブンの成長を支えた親御さんたちにも感謝。




写真

写真

写真

写真は試合後の一コマ。フロンターレU-18を卒業する3年生を激励。
卒業記念に、応援団作成のニットマフラーをプレゼント。




写真

写真

写真

写真

続けて新設(?)のパイン賞。Dole(様)のパイナップルを各選手に手渡し。
パイナップルを食べて大きくなれよー(違う)。




写真

写真

最後に主将の板倉選手が挨拶。サポーターへ感謝の言葉を述べました。
板倉選手は来年からトップチームに昇格、レギュラー獲得目指して頑張れ!




写真

最後にみんなで記念撮影。1年間お疲れさまでした。
フロンターレのトップチームに昇格の三好選手と板倉選手を除き、全員大学へ進学します。
フロンターレのアカデミーで得た貴重な経験を、今後も様々な局面で生かして欲しい。
進学する選手たちは大学で実力を磨き、4年後にフロンターレに戻ってきたら嬉しいなぁ。



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る