川崎フロンターレU-18 VS JFA福島アカデミー

〜 ジャパンユースPUMAスーパーリーグ 2015 〜


2015年1月25日 時之栖裾野グラウンド


写真

ジャパンユースカップ2015、高校生世代の底上げを目指して設立された実戦舞台。
試合会場の時之栖裾グラウンドのC面に到着、澄み渡る空に冴える富士山が美しい。




写真

試合開始まで30分余りであるも、ピッチ上に選手達の姿が見当たらない。
キックオフ直前に開催グラウンドが変わる事が珍しくなく、駆けつけたサポータをやきもきさせるも。
確認したらCグランドで間違えないとの事、横断幕の装着に取りかかる。




写真

写真

写真

横断幕の装着場所は検討の結果、サイドエリアの一角に決定。
掲出後にフロンターレが逆サイドであるのに発覚したが、まぁ良しと言うわけで。




写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレの将来を担う若きイレブンの戦いをご覧ください。
個人的にも2015年初の試合観戦、チームの仕上がり具合が楽しみ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃を仕掛けるフロンターレ、渡邉選手が抜け出しシュートを放つ。
相手の裏を華麗につくも、このシュートは決まらない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

あら?フロンターレが呆気なくゴールを献上。
GKの名良橋選手のキックから連携ミスを招き、
ボールを奪われ失点。実に勿体無い。




写真

写真

写真

写真

写真

気を取り直したいフロンターレであるが、サイドの甘さを狙われてしまう。
鋭いクロスがフロンターレゴールを襲いにかかる。




写真

写真

写真

ピンチが続くフロンターレ、直後にコーナーキックの場面を招く。
序盤から苦境の連続、守備陣が懸命の守りをみせる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

JFAアカデミーの攻撃が止まらない。右サイドから再三のクロスが襲い掛かる。
ゴールまで距離があるとはいえ、この布陣は正直いただけない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ようやく反撃のフロンターレ。猪狩選手がサイドを鋭く切り裂く。
ドリブルで持ち込み折り返すも、この好機は生かせない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

素早いパスワークで攻撃を組み立てるフロンターレ。
対するJFAアカデミーも集中した守備で対抗、決定的なパスが繋がらない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

U-15から飛び級参加の宮代選手。後で聞いたらなんと中学2年生。
高校生顔負けの堂々たるプレー。まじめに高校生にしか見えない・・・。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半は1失点で終了。攻守の修正は見られたが、JFAアカデミーを崩すには至らなかった。




写真

後半開始に先立ち、ボードで指示を送る今野監督。
後半はいかなる戦いを仕掛けるのであろうか。




写真

写真

写真

程なく後半が開始、フロンターレは2選手を交代し勝負に挑む。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半開始直後からJFAアカデミーの攻撃が炸裂、早くも苦境のフロンターレ。
必死にボールを跳ね返し、辛うじて失点を免れた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に反撃のフロンターレ、縦に繋ぎJFAアカデミーのゴールへ迫る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

互いに積極的な攻撃を披露、フロンターレの攻撃も活気が増す。
パスの精度も徐々に向上、ゴール前に飛び出すシーンも多くなる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

猪狩選手のパスに宮代選手が反応、JFAアカデミーの裏に華麗に抜け出す。
至近距離から決定的なシュートを繰り出すが、相手GKのファインセーブに阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

JFAアカデミーの乱れに生じ、攻撃を畳み掛けるフロンターレ。
栗脇選手のパスから渡邉選手が抜け出し、至近距離からシュート。




写真

写真

相手GKの動きを見据えた冷静なシュートは、ゴールマウス下へと吸い込まれた。
実に美しいゴールシーン、今シーズンの活躍を大いに期待。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

JFAアカデミーに攻め込まれる時間帯を招くも、新居選手が体を貼ったセーブを披露。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

JFAアカデミーは数名の選手を一気に交代。
練習試合ではあり得るケースだが、準公式戦にしても割りと珍しいシーン。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレの攻撃が続いたものの、JFAアカデミーのカウンターを浴びる。
守備陣の戻りが遅れたものの、新居選手のセーブで失点を阻止。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

右サイドに展開のフロンターレ、田中選手のドリブルで一気に前線へ浮上。
至近距離からシュートを繰り出すも・・・力んだか枠を外してしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半はフロンターレの1ゴール止まり。試合は1-1のドロー。
ふと富士山を見渡すと、いつしか厚雲で覆われておりました。




写真

ここからは練習試合。その模様を少々ご紹介。
しかし雰囲気は公式戦さながら、一瞬30分×3本と勘違いしたほど。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

中学2年生の宮代選手が大爆発。見事2ゴールを叩き出した。
何れのシュートも実にパワフル、将来が楽しみな逸材。




写真

写真

写真

写真

戦いを終えた若きイレブン、応援に駆けつけたサポーターに深々と一礼。
今年もアカデミー世代の試合を多数応援したいなぁ。



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る