グラシア相模原 VS 川崎フロンターレU-18

〜 2015 新人戦 〜


2015年2月14日 綾瀬スポーツ公園


写真

今週末も川崎フロンターレU-18の試合。神奈川県大会の新人戦は綾瀬スポーツ公園で開催。
陸上競技場に到着したらアマチュアチームが試合中。フロンターレの気配は皆無。
・・・しまった!場所を勘違いして綾瀬スポーツセンターに着いてしまった(汗)。




写真

写真

試合開始まで1時間。果たして試合会場のスポーツ公園に間に合うのか?
スマホの地図で調べたところ、スポーツ公園まで徒歩30分程度の距離と判明。
スマホをハンディGPS代わりに徒歩移動。方向音痴の私にとって非常に有り難い。




写真

早足で歩き続け、試合会場の綾瀬スポーツ公園へ到着。
実はこの公園近辺にはサッカーグラウンドが4面あり、工事中の物を含めると更に増す。
何処のコートで試合を開催するのか分からず、公園内をさまよってしまった。




写真

散々歩き続け、多目的広場にてフロンターレのイレブンをようやく発見。
今野監督に挨拶を済ませ、急いで撮影準備に取りかかる。




写真

写真

写真

対戦相手はグラシア相模原。実力のほどは不明だが、
クラブチームを相手に全力で仕掛けてくるだろう。
数日前に入手した最新レンズで撮影開始、ファインダー越しでもクリアな画質だぞぉ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合開始直後からフロンターレが圧倒、相手ゴールへ次々と攻め立てる。
対する相模原はゴール前の守りを固める作戦。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

相模原の攻撃は単発のカウンター。縦へのボールは長谷川選手が冷静に対処。
フロンターレのGKは元日本代表を父に持つ名良橋選手。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

相模原の固い守りに対し、先制点を奪えないフロンターレ。
コーナーキックからのこぼれ球をクロスを放ち、オーバーヘッドで先制点を狙う。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

その後も好機を重ねるも、どうしてもゴールが遠いフロンターレ。
左サイドを浮上し揺さぶりを加え、相模原の選手を引き寄せクロス。




写真

写真

写真

低いクロスを渡邉選手が押しこみ、フロンターレが待望の先制点。
ゴールにも今野監督は表情を緩めず、ピッチへ次なる指示を送る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

先制点に浮かれぬのはピッチ上のイレブンも同じ、相模原のゴールを攻め立てる。
注目の中学2年、宮代選手もシュートを繰り出す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左サイドを抜けだしたフロンターレ、相模原の最終ディフェンスの裏からクロス。
折り返したボールを渡邉選手が落ち着いて蹴り込み追加点。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左寄りを攻め立てるフロンターレ、宮代選手が一気に抜け出しクロス。
低いボールを渡邉選手が滑り込みつつ流し、早くもハットトリック達成。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半はそのままゴールラッシュ、大量リードを得て試合を折り返す。
ゴール数は確か8点・・・、珍しく正しく数えていた。




写真

後半に向けてフロンターレが選手交代、今野監督が交代選手の名を読み上げる。
遠くからでも監督の肉声がリアルに聞こえるのも、ユース世代の試合の楽しみのひとつ。




写真

写真

程なく試合は後半開始、前半同様ゴールラッシュが見られるか!?
引き続き説明極少&腕が悪い大量の写真をお楽しみください。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ピッチには複数の中学生が混ざる。写真のデューク・カルロス選手は中学3年生。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが早々に追加点。
宮代選手が相手GKを振り切り、無人のゴールへボールを流し込んだ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレU-18の注目株、三笘選手がコーナーキックからミドルシュート。
ボールの芯を外してしまい、相模原のゴール枠をとらえない。




写真

写真

U-16日本代表、田中選手も安定のプレー。
中盤から積極的にボールに絡み、攻撃の起点を演出。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左サイドを駆け上がる猪狩選手、相模原のゴールに力強いドリブルで迫る。
この場面は最後でボールが流れ、決定機には持ち込めず。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレU-18のGKは中学3年生の早坂選手に交代。
バックパスに相模原の選手が迫るも、慌てず前方へフィード。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

相模原が起死回生のカウンター、斜め角度から強烈な一撃。
早坂選手がファインセーブ。弾いた浮き球もがっちり抑えた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

「川崎」ならぬ川崎選手。川崎市出身の高校1年生。
先輩たちに負けじと積極果敢にシュートを放つ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半も攻め続けたフロンターレだが、シュートは幾度とバーに当たる。
三笘選手がようやくシュートを決め、10-0のダブルスコアに到達。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

最後の得点も三笘選手。ロングフィードに飛び出し冷静にループシュートを決めた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半は3得点でタイムアップ。合計11-0でフロンターレU-18が圧勝。
ところでこの新人戦ですが、どんなレギュレーションなのかは・・・知りません(汗)。



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る