モンテディオ山形 VS 川崎フロンターレ

〜 2015 明治安田生命J1 1st 第3節 〜

日  時 2015年3月22日(日) 19:04
試合会場 NDソフトスタジアム山形
天  候 曇りのち雨
観 客 数 12,081人
試  合  結  果
山   形 0 前 半 0 川   崎
1 後 半 0
        
        
1 0
     
得   点   者
キム ボムヨン 74分      


写真

明治安田生命J1第3節、雪残る山形にてモンテディオ山形との対戦。
4シーズンぶりに訪ねる山形の旅、寒河江駅付近の足湯でリラックス。




写真

新設された天童南駅付近にて、足湯が楽しめるジョイフル新幹線「とれいゆつばさ」を撮影。
主に週末に福島と新庄を往復、次の遠征時には是非とも乗車したい。




写真

久々となるNDスタジアム山形。その姿は10年以上変化なし。
古さも目立つ競技場ながら、逆に安心感を覚えてしまう。




写真

写真

スタジアム名物の炎のカリーパン、発売スタート直後に早速お買い上げ。
川崎戦限定メニューの餃子入りパンを難なく確保。




写真

はい、ちゃんと餃子が入っておりました。
しかし川崎に居を構える立場では、「餃子=川崎名物」の図式が依然と謎。




写真

写真

写真

写真

午後5時に開門を迎え、応援準備に取りかかるサポーター。
広大なビジターエリアが提供、横断幕の装着スペースには困らない。




写真

写真

写真

写真

写真

晩冬の日曜ナイトゲームでありつつも、多くのサポーターがゴール裏に集結。
西部選手(背番号21:GK)と新井選手(背番号30:GK)がピッチに登場、今日は無失点で頼むぞ!




写真

写真

写真

写真

残るイレブンもピッチに登場、日本代表に選出された小林選手(背番号11:FW)は凛々しき表情。
頼むぞ青黒の選手達、川崎に勝ち点3を持って帰るぞ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

冷え込みが増すスタジアム、寒さを吹き飛ばすべくサポーターの熱気は高揚。
来る戦いの時へ向け、奥羽の夜空に声援を響かせる。




写真

写真

ホーム開幕戦のモンテディオ山形、山々をモチーフ?のコレオを演出。
対峙するフロンターレのサポーターは動じること無く、大きな声援を轟かせる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

狙うは敵地での勝利、J2昇格組となる山形にはきっちりと勝ちたい。
冬空の下半袖姿で応援スタート。気合だぁ〜(寒い)




写真

写真

写真

写真

開始直後にフロンターレが先制、レナト選手(背番号10:MF)が縦に抜け出しシュート。
大きく右足を振り抜いた一撃は、山形のゴール枠を大きく外す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に山形も反撃、フロンターレの守備はいささか軽い印象。
最後は西部選手が抑えるも、緩慢な守りに見えてしまう。




写真

写真

写真

写真

写真

再び切り返すフロンターレ。中村選手(背番号14:MF)が大きく前線へフィード。
レナト選手が直線的に飛び出すも、山形の守りに阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

左サイドに展開の山形、キムボムヨン選手(背番号22:MF)が突破を披露。
この場面は武岡選手(背番号17:DF)が対応、スライディングでボールを奪い取る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中盤でボールを回し、攻撃の機会をうかがうフロンターレ。
山形のマークが相応に厳しく、なかなか前進を図れない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形のプレッシャーに後手のフロンターレ、守備もいまひとつまとまりを欠く。
川西選手(背番号29:FW)には角田選手(背番号4:DF)が付くも、対応がどうも遅れ気味。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形は左サイドでパス交換。エウシーニョ選手(背番号18:MF)の背後に
石川選手(背番号13:DF)がするりと抜け出す。
この場面は武岡選手が対応、瀬戸際でクロスを封じ込めた。




写真

写真

写真

写真

写真

コーナーキックの危機を迎えたフロンターレ、この場面はクリアに成功。
大久保選手(背番号13:FW)がボールを受けに入るも、山形の守りに阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

サイドに隙が目立つフロンターレ、キムボムヨン選手が抜け出しクロスを浴びせる。
ゴール前に危険なボールが迫るも、何とか前へ弾き返す。




写真

写真

写真

写真

カウンターを狙うフロンターレ、斜め方向のパスに小林選手が一気にかけ出す。
対する山形も當間選手(背番号17:DF)が追随、捨て身の守備に好機を阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

気温が更に低下するも、フロンターレサポーターの心は熱い。
厳しい寒さもなんのその、ピッチへ向けて熱き声援を飛ばす。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中盤に浮上のフロンターレ、山本選手が一気に抜け出しクロス。
山形の守備の乱れを誘い、コーナーキックを獲得。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

コーナーキックのチャンスをモノに出来ず、GKまでボールが戻ってしまった。
うーむ、実にもったいない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

前進を図るフロンターレ、大久保選手(背番号13:FW)が強烈なミドルシュート。
當間選手がクリア、山形のゴールには遠く及ばない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大久保選手が続けてミドルシュート、これは大きく右に外れた。
山形のプレッシャーが予想外に強いためか、ゴール前までボールを運べず
止む無くミドルシュートを選択している感が強い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に山形が反撃、中盤の空いたスペースにスルーパスが放たれた。
山崎選手(背番号30:FW)に背後を狙われクロスを許すが、
谷口選手(背番号5:DF)必死に追いかけ寸前でブロック。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレの攻撃は依然と噛み合わぬまま、不用意にボールを奪われる場面も少なくない。
嫌な流れを覆すべく、ゴール裏のサポーターは懸命の声援。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中村選手が山形の選手に倒され、フロンターレがフリーキックを獲得。
ゴールまで距離はあるものの、このチャンスは絶対に生かしたい。




写真

角田選手(背番号3:DF)が右足を振り抜くも、ボールは大きく反れてしまった。
即座に気持ちを切り替え、次のプレーに備えたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

即座に攻め戻すフロンターレ、大久保選手が中盤へと抜け出し前線へフィード。
しかしレナト選手とは呼吸が合わず、山岸選手(背番号1:GK)が悠々とセーブ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ギクシャク感が払拭されぬフロンターレ、山形にボールを奪われクロスを許す。
この場面は西部選手がセーブ。




写真

写真

写真

写真

写真

左サイドに展開のフロンターレ、小林選手が切り返したボールは中村選手へ。
山形の選手を振り払いミドルシュートを放つが、これも精度を欠いてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中盤を繋ぐフロンターレ、中村選手が一気の縦パスを披露。
エウシーニョ選手が抜け出しトラップするも、キムボムヨン選手に奪われてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

パス交換でリズムを掴みたいフロンターレ。しかし山形のマークも厳しい。
小林選手が狭いエリアを突こうとするも、パスを通すには至らない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

いまひとつ煮え切らぬフロンターレ、スペースを明けてしまいキムボムヨン選手がシュート。
この場面はシュートミスに救われたが、不用意なプレーの連続に風間監督の表情が険しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形のプレッシャーに悪戦苦闘のフロンターレ、ボールが繋がらず淀んだ流れが支配。
山形の狙いは山本選手なのか、ボールを奪われるシーンが目立つ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

苦しい流れが続く中、武岡選手の奮闘が光る。
素早い戻りで山形の攻撃に対応、フロンターレの壁となる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

危機が続くフロンターレ、川西選手が山本選手からボールを奪い取る。
続くラストパスに谷口選手が反応、体を投げ出し懸命のクリア。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

苦境の時間を耐え抜いたフロンターレ、中村選手のロングパスから起死回生を図る。
レナト選手がトラップするも、傍らにはキムボムヨン選手の姿。
厳しいマークにレナト選手も苦しいプレー、サイドに逃れるのが精一杯。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

場面は山形のスローイン。不用意なプレーは命取りになりかねない。
ゴール裏のサポーターは両腕を掲げ、力強い拍手でピッチに英気を送る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

クリアを試みるフロンターレだが、山形が執拗に攻め戻す。
ディエゴ選手(背番号11:FW)が強烈なシュートを放つが、谷口選手が足を投げ出し必死のガード。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形のコーナーキックを切り抜けたフロンターレ、中盤でボールを奪い細かく繋ぐ。
大久保選手のパスを受けた小林選手が粘りを見せるも、
反転して蹴り出したボールが流れてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半も間もなくアディショナルタイム。出来れば先制点が欲しい。
ゴール裏のサポーターは気合を高めるべく、寒空に水をぶち撒ける。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形のパスを鮮やかにカット、怒涛のカウンターを仕掛けるフロンターレ。
大久保選手がドリブルで駆け上がりラストパスを繰り出すが・・・、山形DFの正面を突く。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

程なく前半が終了、両者無得点で折り返す。
山形の厳しいマークに持ち味を生かせぬフロンターレ、後半の打開策を期待したい。




写真

ハーフタイムのゴール裏、半袖姿のサポーターは数える程度。
この寒さでよくまぁ90分間応援したなぁ。




写真

ホーム開幕戦を祝うべく、試合開始前とハーフタイムに花火が披露。
残念ながら手前の照明で鮮やかさが半減、暗い夜空にあげるべきでは。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

程なく後半がスタート。まずは持ち味のリズム感を取り戻したい。
小雨で体感温度が一層下がる中、熱き戦いは再開された。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ボールを繋ぎ仕掛けるフロンターレ、対する山形のマークは依然と厳しい。
中盤で攻撃が潰されてしまい、思うように前進を図れない。




写真

写真

写真

写真

山形にボールを奪われてしまい、速攻を食らうフロンターレ。
左サイドから鋭いクロスが襲いかかるが、角田選手が体を張った守備を披露。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

エウシーニョ選手のパスは中盤の小林選手へ、ドリブルで右サイドの浮上を図る。
ボールが多少延びてしまい、アルセウ選手(背番号5:DF)のガードに阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

スローインからレナト選手が突進を図るも、シュートの体制まで持ち込めない。
更なる攻撃を引き出すべく、ゴール裏のサポーターは懸命に跳ねそして叫ぶ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形のマークに苦しむフロンターレ。左右のパス交換ばかりが目立つ。
・・・お、武岡選手がドリブルで一気に浮上。




写真

写真

写真

無心で駆け上がる武岡選手、山形ゴールへと一気に攻め立てる。
最後は行く手を遮られるも、大胆な攻撃にゴール裏のサポーターは沸く。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

武岡選手が見せ場を披露するも、フロンターレはその後が続かない。
中盤から先の連携が乱れ、思い描いたプレーとは程遠い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大久保選手がミドルシュート、ボールの精度を欠いてしまう。
山形のプレッシャーに依然と手を焼く状況、先制点の気配は薄れるばかり。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中盤の空中戦に競い負け、山形のカウンターを浴びるフロンターレ。
キムボムヨン選手のクロスは西部選手がパンチング。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ピンチが続くフロンターレ、レナト選手がファウルを犯し山形のFK。
特点を絶対に阻止すべく、ゴール裏のサポーターは懸命に声を響かせる。




写真

写真

写真

写真

山形のFKは仲村選手が弾き出すも、コーナーキックを献上。
声の力で選手たちを後押ししたい、厳しい局面を何とか切り抜けたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ピンチを脱したフロンターレ、前進を図るも山形の執拗なマークが待ち受ける。
ボールを持つ選手に容赦なく体を寄せられ、何時しか攻撃が途絶えてしまう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻めあぐねるフロンターレはバックパスを選択、西部選手のキックはディエゴ選手を直撃。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形の猛攻を必死に堪え、エウシーニョ選手が一気に駆け上がる。
中盤で山形に潰されてしまった・・・ん?、小林選手がピッチ上で倒れている。




写真

写真

写真

写真

小林選手は担架で運ばれ無念の退出、杉本選手(背番号9:FW)がピッチに送り込まれた。
頼むぞケンユウ!山形ゴールをぶちかましてくれ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

その後も山形が一方的な展開、フロンターレは苦境の時間帯。
武岡選手と角田選手が必死の防御、瀬戸際のところで食い止める。




写真

写真

写真

仲村選手のパスも機能しない、前半以上に繋がらなくなってしまった。
大久保選手も中盤で足止め状態、点取り屋が前線に不在が続く。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレがコーナーキックを獲得。左サイドでボールをキープし、杉本選手のヒールパス。
ボールを受けた車屋選手(背番号20:DF)のクロスからレナト選手がシュート、
再びのコーナーキックを獲得する。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃の手を止めぬフロンターレ、中盤に戻し中村選手のキラーパスが炸裂。
車屋選手が一直線に飛び出すが・・・、ボールの勢いが強すぎた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

時間は刻々と流れるも、互いに絶好機には至らない。
膠着した状況を打破すべく、寒空の下サポーターの応援が続く。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形が右サイドを深くえぐり、立て続けにクロスを繰り出す。
フロンターレは必死に跳ね返すも、こぼれ球をキムボムヨン選手に狙われてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形に痛恨の先制点を献上。フロンターレは追う立場となってしまった。
残された時間は十分にある、まずは同点に追い付きたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

左サイドを浮上するフロンターレ、しかしボールを奪われてしまった。
直後に山形のカウンターが炸裂、武岡選手が追いつくもコーナーキックを献上。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形の攻撃を跳ね返し、速攻に転ずるフロンターレ。
角田選手が中盤に浮上しスルーパス、レナト選手には惜しくも繋がらなかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは2人目の選手交代。小宮山選手(背番号8:DF)を送り込む。
お帰りコミ!ピッチを縦横無尽に駆け回れ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

小宮山選手の投入で攻撃が活性化されたフロンターレ。
小宮山選手のクロスに大久保選手が合わせ、コーナーキックを獲得。




写真

写真

写真

写真

コーナーキックから山形ゴール前は大混戦に突入。
浮き球を杉本選手がシュートするも、大きく外れ思わず天を仰ぐ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に山形がカウンター、フロンターレの守備に綻びが目立つ。
川西選手にフリーでシュートを放たれたが、ミスショットに命拾い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

右サイドに踏み込むフロンターレ、更に踏み込み山形を崩して欲しい。
しかしここはUターン、追う立場である以上アグレッシブさが欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形の選手も疲労色濃いが、隙あらば大胆に攻めてくる。
右サイドを一気に駆け抜け川西選手がシュート、危ない場面に冷や汗をかく。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前線で奮闘の杉本選手、ドリブルを仕掛けるが山形の守備に阻まれた。
連携が崩壊寸前のフロンターレ、個人プレーに走るシーンが目立つ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

エウシーニョ選手がポジションを引き上げるも、山形のプレッシャーに四苦八苦。
ボールを持ち過ぎたところを山形の選手に囲まれてしまう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半も間もなくアディショナルタイム。打開策が見えてこないフロンターレ。
中村選手のパスも空回り、ボールの先に味方の選手は不在である。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

残された猶予は僅かであるが、山形の選手は消耗が激しい。
冷静に組み立てて欲しい場面だが、中村選手のパスが再び空を切ってしまう。




写真

写真

写真

後半もアディショナルタイムに突入。このまま敗れるわけにはならない。
ゴール裏のサポーターは持てる力を振り絞り、最後の応援に突入する。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは攻撃の枚数を増やし、更なる攻撃を仕掛ける。
谷口選手が壮絶な空中戦に挑むも、山形も必死の守りを披露。




写真

写真

角田選手もポジションを上げ、懸命にボールに絡む。
しかし伊東選手(背番号10:MF)が割って入り、ボールを奪われてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山形は逃げ切りを図るだけでなく、隙あらば攻撃を仕掛けてくる。
攻撃の枚数を増やしたフロンターレの裏はがら空き同然、
西部選手がペナルティエリアを飛び出しクリア、息が抜けぬ状況が続く。




写真

写真

写真

写真

最後にすがるは大久保選手と中村選手のコンビ。
大久保選手が繰り出したボールを仲村選手が折り返すが・・・、ボールは何処へ消えた!?




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は程なくタイムアップ。山形によもやの敗戦。
山形のプレッシャーを最後まで崩せなかった、負けるべくして負けた印象が強い。




写真

写真

写真

写真

写真

散々たる内容に無念の選手とサポーター。
公式戦はこれで連敗、下降線は誰の目にも明らかであった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

しかしうつむく暇は無い、幸いにも次週のナビスコ杯は休み。
2週間の猶予をフルに活用し、悪い流れを断ち切って欲しい。
次節は4/4の等々力での新潟戦、待望のホーム初勝利を!



<フロンターレの出場メンバー>
GK:西部
DF:武岡、角田、谷口、車屋
MF:山本、中村、エウシーニョ、レナト
FW:小林、大久保
SUB:新井、井川、小宮山、橋本、三好、杉本、船山
<フロンターレの選手交代>
小林>杉本(64分)
山本>小宮山(77分)



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る