川崎フロンターレ VS アルビレックス新潟

〜 2015 明治安田生命J1 1st 第4節 〜


2015年4月4日 等々力陸上競技場


写真

明治安田生命J1第4節、4月最初のゲームはホーム等々力でのアルビレックス新潟戦。
毎年恒例となった「フロンターレ牧場」、スタジアムの前はミニ動物園に変身。




写真

大きな乳牛も乳搾り体験のため等々力へご来場。
運搬車から搬出されるシーンを偶然撮影成功。




写真

と、伊藤宏樹さんも設営準備に汗を流しておりました。




写真

写真

ホーム等々力から勝利に見放されたフロンターレ、サポーターは勝利に飢えている。
今日こそは是が非でも勝利を、理屈抜きで勝ち点3が欲しい。




写真

写真

新メインスタンド上層階から選手入場を撮影。なかなかの臨場感に闘志が引き立てられる。




写真

写真

写真

写真

リーグ戦開幕以来の勝利を目指し、選手とサポーターは熱き誓いを交わす。
絶対に勝つぞ!等々力でアバンテの歌声を響かせるぞ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

期待と興奮が渦巻く中、試合開始のホイッスルが響く。
頼むぞ青黒の選手たち、等々力に駆けつけたサポーターに笑顔を見せてくれ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

序盤は新潟が試合を支配、フロンターレは明らかに押されている。
一体どうしたフロンターレ!?早くも嫌な空気がピッチを支配。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

時間が刻々と流れるが、フロンターレは依然と劣勢が続く。
悪い雰囲気を払拭すべく、サポーターは力強い拍手でエールを贈る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

サポーターの後押しが功を奏したか、徐々に流れを引き寄せたフロンターレ。
新潟の守備の乱れに乗じ、杉本選手(背番号9:FW)がドリブルからシュート!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレに移籍後初先発、杉本選手が見事な先制点を叩きだした。
やったぞケンユウ!この瞬間を待っていたぜ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

という訳で前半はサクッとご紹介(汗)。
杉本選手のゴールでフロンターレが1点リード、後半に期待を抱かせる。




写真

この日は東急百貨店スペシャルマッチ。
東横のれん街のマスコット「東横ハチ公」(中央の犬のマスコット)が等々力にご来場。




写真

「招き猫」ならぬ「招きいるか」、猫化に磨きをかけるふろん太君。
このまま猫になってしまえぇ(笑)。




写真

写真

写真

写真

それでは後半も「サクッ」とご紹介(汗)。
この日の等々力はTVカメラがやたら多く、撮影が難航したのはここだけの話。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

2点目を叩きだしたのはレナト選手(背番号10:FW)。
新潟の選手を4人抜いての豪快な一撃、実にカッコええ。




写真

写真

写真

メインスタンドに視線を送ると、多くのサポーターが起立して祝福。
メインスタンドもその正体は激アツなゾーン。これぞ等々力の一体感。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

2月下旬の練習試合で負傷、この日が2015シーズン公式戦初登場の森谷選手(背番号19:MF)。
時間の経過と共に運動量が増加、フロンターレの攻撃に活力をもたらす。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

新潟のまずい攻撃もあり、フロンターレの守備は破綻を感じない。
西部選手(背番号21:GK)のセーブも安定感に溢れ、際立った危機には至らない。




写真

写真

写真

写真

じわりと攻め立てるフロンターレ。大久保選手が新潟の選手に取り囲まれるも
意表をついたヒールパス。
抜け出た森谷選手がボールを託し、見計らったスルーパスを繰り出した。




写真

写真

写真

大久保選手が豪快に押し込み、フロンターレが3点目をゲット。
右腕の拳を握りガッツポーズ、これぞまさしく「百獣の王」。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

ヨシメーターも即座に更新、リーグ戦は4試合で3ゴールと絶好調。
活気がみなぎる等々力の舞台、更なるゴールを狙って欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

入場者数は17,603人。開幕戦と比べるとかなりの落ち込み。
面白いゲームを積み重ね、更なる集客を目指してゆきたい。




写真

写真

写真

新潟のラフプレーに苦しむも、フロンターレはフリーキックを獲得。
次なるゴールで新潟の息を止めるべく、サポーターの声量は一気にアップ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に新潟がカウンター、ドリブル突破から失点を献上。
この時間は油断が生じたか、気持ちを切り替え次のプレーに備えたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

失点でいささかの不安がよぎるも、大久保選手の追加点で再びの3点差。
勝利の気配は更に高揚、等々力で久々にアバンテを歌えるか!?




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は後半アディショナルタイム、フロンターレサポーターが待ちわびた瞬間が訪れた。
ピッチサイドには投入を控えた三好選手(背番号26:MF)の姿、
フロンターレ下部組織出身の逸材が、遂にプロ選手としての初舞台を迎えた。




写真

写真

大久保選手とハイタッチを交わし、三好選手が元気よくピッチに飛び出した。
待望のデビューを祝し、等々力の観客席からは凄まじき歓声が沸いた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

三好選手のデビューのどよめきが収まらぬ中、試合はタイムアップ。
フロンターレが昨年の10月以来となる、等々力陸上競技場でのリーグ戦での勝利。
半年ぶりのアバンテに感激、余りの長さに喜び方を忘却しておりました。




写真

写真

写真

写真

写真

2015シーズン初のウォーターファイト。円を組んだ選手達は満面の笑み。
プロ初出場を果たした三好選手には、大先輩中村選手(背番号14:MF)から手洗い歓迎。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

激闘を終えた選手たち。卒業を迎えたアカデミー生と一緒にバンザイ。




写真

写真

写真

この日の「お立ち台」は2特点の大久保選手と、フロンターレ移籍後初ゴールの杉本選手。
大久保選手のトラメガ姿は手慣れたもの、
方や杉本選手は勝手が分からぬのか、かなりテレておりました。




写真

写真

写真

いやー、杉本選手の満面の笑顔は最高。
頼むぞケンユウ!これからもゴールを量産してくれ。




写真

写真

リーグ戦は4試合が終了、2勝目を飾り勝ち星が再び先行のフロンターレ。
過密日程に突入しますが、持てる力を振り絞り総力戦で乗り切ろう!



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る