三菱養和SCユース VS 川崎フロンターレU-18

〜 高円宮杯U-18サッカーリーグ 2015プリンスリーグ関東 第5節 〜


2015年5月5日 三菱養和会調布グラウンド


写真

2015プリンスリーグ関東 第5節、
開幕から2勝2敗の川崎フロンターレU-18は三菱養和SCユースとの対戦。
試合会場である三菱養和会調布グラウンドは
京王多摩川駅から徒歩20分余りで到着、入口の場所が少々分かりにくい。




写真

写真

早速撮影の準備に入るが、周囲は頑丈な金網が覆う。
加えて観戦場所の制約も厳しく、看板下の僅かな空きスペースを辛うじて発見。
金網の目が割と細かく、網の映り込みは不可避である。




写真

写真

終始撮影に難儀しましたが、若きイレブンの戦いをご覧ください。
今年のフロンターレU-18の選手も実力派揃い、
更には中学3年の宮代選手が飛び級で参戦、将来が楽しみな逸材です。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

先制点を決めたのはフロンターレ、中学3年生の宮代選手がロングパスに飛び出し豪快な一撃。
三菱養和に劣勢のフロンターレであったが、数少なきチャンスをものにした。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

三菱養和の攻撃に手を焼いたフロンターレだが、前半は1-0で折り返す。
いやはや、金網越しの撮影はフォーカスの合掌率が極めて落ちる。




写真

写真

リードを得たフロンターレだが、劣勢に若きイレブンの表情は固め。
後半に如何なる打開策を見せてくれるだろうか。




写真

写真

写真

強い夕陽が差し込む中、後半開始のホイッスルが響く。
金網に加えて猛烈な逆光、前半以上に過酷な撮影条件、あぁ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃色を強めるフロンターレ、三菱養和陣内へ積極的に攻撃を仕掛ける。
宮代選手も追加点を狙うべくポジションチェンジを図る。




写真

写真

高校1年生の伊従(いより)選手、長谷川選手の負傷により前半途中から投入。
長身で安定感が高いDF。三菱養和の攻撃に冷静に対応。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

背番号9は岸選手、フロンターレU-18でお馴染みの存在。
高校時代最後のシーズンは、エースストライカーの背番号を胸に戦う。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

三菱養和の攻撃に立ち向かうフロンターレ。
この場面は武田選手と島崎選手が対応。




写真

写真

写真

フロンターレのゴールマウスを守るGKは名良橋選手。
最後方から盛んに指示を出し、イレブンに緊張感を醸し出す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合の流れは三菱養和に傾きかけるも、名良橋選手が最後の砦となる。
安定したセーブで三菱養和に決定機を与えない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

三菱養和が右サイドを突破、狭い角度から強烈な一撃を浴びせる。
シュートはポストを直撃、運もフロンターレに味方する。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

U-16日本代表に選出された田中選手、高校2年生となりチームの主軸に成長。
守備的なポジションで攻撃の起点も作り出す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

うーん、広角側になると金網が露骨に写り込んでしまう。
極めてしんどい撮影ですが、若きイレブンの頑張るシーンを一枚でも多く残したい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

三菱養和が盛んに仕掛け、フロンターレは必死に耐える時間帯。
左右からの攻撃は無失点で切り抜けた。そろそろ反撃を期待したい。




写真

写真

写真

後半戦も残す時間は限られ、フロンターレの勝利が見えつつある。
名良橋選手が盛んに大声を上げ、イレブンの気持ちを引き締めにかかる。




写真

写真

写真

写真

直後にフロンターレが追加点、三笘選手がクロスボールを蹴り込み2点目をゲット。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

続けてフロンターレが追加点。岸選手が冷静に蹴り込み3点目。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

3失点の三菱養和も必死の攻撃、最後の力を振り絞りフロンターレを攻め立てる。
対するフロンターレも無失点で終わるべく、必死の防御を展開。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

程なく試合はタイムアップ、試合はフロンターレが3-0で勝利。
開幕5戦目で再び勝利が先行、今後の弾みが期待できる。




写真

写真

写真

写真

戦いを終えたイレブン達、多くのサポーターに深々と一礼。
今年もフロンターレU-18の戦いは見逃せない、出来る限り試合に駆けつけるぞー。



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る