アルビレックス新潟 VS 川崎フロンターレ

〜 2015 明治安田生命J1 2nd 第12節 〜

日  時 2015年9月26日(土) 19:04
試合会場 デンカビッグスワンスタジアム
天  候 曇り
観 客 数 22,573人
試  合  結  果
新   潟 1 前 半 0 川   崎
0 後 半 2
        
        
1 2
     
得   点   者
山本 康裕 6分   63分 小林 悠
      74分 小林 悠


写真

明治安田生命J1リーグ戦2nd第12節、「鬼門」ビッグスワンでアルビレックス新潟との勝負。
連勝で波に乗るフロンターレであるが、巨大白鳥を前に苦戦の予感。




写真

写真

嘆いても始まらないので腹ごしらえ。新潟のソウルフード「イタリアン」をご賞味。
味はまさに「微妙」づくし、不思議と憎めない上越グルメ。




写真

スタジアム前の一角には痛車が集結。
真面目な印象が強かった新潟の運営ですが、観客数低下でフロンターレ路線を追随か!?




写真

開門直前のビジター席入場口前。大勢のフロンターレサポーターが整列。
「鬼門」なのは誰もが承知、だからこそ勝ち点3を切望。




写真

写真

写真

開門と同時に応援準備をスタート。狭いビジター席は横断幕の取り付けも一苦労。
散水用の水も用意、スプリンクラーは誤動作せずとも濡れるのは必至。




写真

写真

写真

写真

キックオフ1時間前を切り、GKの2選手がアップに登場。
ビッグスワンで最少失点に留め、2012年以来の勝利を収めたい。




写真

写真

写真

写真

残るイレブンもピッチに登場。サポーターと全力の戦いを誓い合う。
頼むぞ青黒の選手たち。「鬼門」撃破へゴール裏から精一杯応援するぞ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

意気上がるゴール裏のサポーター。連勝のおかげで暗いムードは一掃。
この勢いで「鬼門」を撃破するぞ。




写真

写真

と、ここで伊藤宏樹さんがトラメガを握り挨拶。
この日はアウェイツアーの先導役。明日の稲刈ツアーも頑張って。




写真

写真

Suki Suki フロンターレのMC、阿井莉沙さんも後に続く。
元気な掛け声と大きな身振りで、ゴール裏を更に盛り上げた。




写真

更にはファイフロMCの木村朱美さん・・・は、ちょっぴりの挨拶で終了。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

程なく試合はキックオフ、今の調子であらばビッグスワンの勝利も見えてくる。
気合を入れて応援と撮影をスタート。照明が暗いのは少々残念。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

新潟の先制攻撃を跳ね返し、速攻を仕掛けるフロンターレ。
素早いパスワークから一気に前進、
最後は田坂選手(背番号35:FW)が飛び出すがここは及ばず。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に新潟も反撃。不安定なフロンターレの右サイドを突く。
中央に折り返したボールを指宿選手(背番号11:FW)がシュート。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

流れるような連携を見せるフロンターレ。左右に素早くボールを回す。
対する新潟はゴール前を固める作戦。この辺りはどのチームも同様の戦術。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

新潟は積極的に縦への攻撃、対するフロンターレは黙々と守る。
この場面は小技は効かせず、セーフティーに蹴り返す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は早くも激しい展開。目が離せぬ攻防の連続。
エウシーニョ選手(背番号18:MF)が右サイドを浮上しクロス、田坂選手とは惜しくも合わず。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

場面は新潟のフリーキック。ファーサイドに流れたボールを折り返されるが決死のクリア。
空中戦で武岡選手(背番号17:DF)が頭を打ち、額を抱えて倒れこむ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

新潟が左サイドを浮上、山本選手(背番号23:MF)のドリブルに武岡選手が対応。
止めに入るが切り返しから逆走、距離が開いたところを折り返された。




写真

写真

写真

地を這うボールは小宮山選手に当たり、角度が変わってフロンターレゴールへ。
まさかの形で先制点を献上。今年も歴史は繰り返されるのか。




写真

しかし試合は始まったばかり。時間はたっぷり残っている。
気持ちを引き締め応援再開、先ずは同点に追いつこう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

リスタートと同時にフロンターレの攻撃も再開。中村選手(背番号14:MF)のパスで一気に前進。
素早い連動性で新潟に揺さぶりをかけるが、新潟も激しい当たりで対抗。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中野選手(背番号22:MF)が見せ場を演出、ドリブルで一気に駆け上がる。
中盤で新潟の選手に囲まれたが、持ち前のスピードで振り切った。




写真

写真

そのまま新潟ゴール前まで駆け上がり、渾身の一撃を繰り出した。
中野選手のひたむきなプレーに、ゴール裏のサポーターは拍手で応えた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

という訳で前半は終了。説明は飛ばしましたね?飛ばしました、はい。
新潟に1-0のリードを許し後半へ。




写真

写真

賑やかなビッグスワンのハーフタイム。大勢のちびっ子チアガールが登場。
どうやったらこの人数が集まるのか?新潟の動員力や恐ろしい・・・。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

程なく後半がスタート。新潟は前半飛ばした印象、後半に付け入る隙はありそうだ。
ピッチ上の選手達は締まった表情、ゴール裏にも緊張感が伝わってくる。




写真

写真

写真

写真

後半開始と同時にフロンターレは速攻を披露。
田坂選手のスルーパスに小林選手(背番号11:FW)が飛び出す。
この場面は新潟のマークに阻まれ、シュートの体制には至らない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中村選手のサイドチェンジにエウシーニョ選手が反応。華麗なトラップで中央に折り返す。
田坂選手が後に続くも、新潟DFの挟み撃ちに遭遇。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

絶好機は及ばずも攻撃の手を止めぬフロンターレ。田坂選手が倒されフリーキックを獲得。
新潟ゴールまでの距離は長めだが、ほぼ真正面の好ポジションに沸く。




写真

写真

写真

フリーキックは中村選手がスルー、田坂選手がシャープな一撃を披露。
ボールは新潟の壁に弾かれるも、なおもチャンスは続いている。




写真

写真

が、続く好機は短命で終了。気持ちを切り替え次のチャンスに託したい。





写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

新潟が一気に前線へと繰り出したが、ボールが伸び過ぎてゴールラインを割る。
新潟は前半飛ばした影響が表面化、プレーの精度は緩やかな低下傾向。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

最終ラインを引き上げるフロンターレ。背後にスペースが空き新潟が一気に飛び出す。
この場面は新井選手(背番号31:GK)が飛び出しクリア、冷や汗をかかされた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ボールを小気味良く繋ぐフロンターレ。新潟もプレスを強めるが、簡単には取られない。
が、田坂選手に大野選手(背番号2:DF)の足が・・・。ファウルで無いのか!?




写真

写真

写真

プレーはそのまま続行。激しいブーイングが響く中、新潟のカウンターが炸裂する。
この場面はエウシーニョ選手が対応。前野選手(背番号5:DF)の突破に体を預け、
ボールをゴールラインへと追いやった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大島選手(背番号16:MF)がファウルで転倒。リスタートからフロンターレが素早い仕掛け。
エウシーニョ選手が切れ込みクロスを放つが、ボールは大久保選手に届かない。




写真

写真

写真

写真

写真

更に攻め込むフロンターレ。浮いた縦パスに中村選手が反応。
下半身を投げ出しシュートを狙うが、守田選手(背番号21:GK)がキャッチ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

好機が続くフロンターレ、立て続けのコーナーキックで激しく畳み掛ける。
対する新潟もゴール前を固め対抗、なかなかゴールを奪えない。




写真

写真

写真

写真

直後に新潟がカウンター。折り返したボールを山本選手がシュート。
鋭い弾道はゴール枠をかすめる、極めて危ない場面であった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

と、直後にフロンターレが縦突破を披露。
中村選手が繰り出したボールを、小林選手がトラップし短いドリブル。
GKの動きを冷静に見抜き、柔らかなシュートを繰り出した!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

小林選手のゴールが決まり、フロンターレが同点に追い付いた。
待ちに待ったサポーターは喜びを爆発、やったぞ!ユウ様!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

小林選手の同点ゴールで勢いづくフロンターレ。途中交代の杉本選手(背番号9:FW)が気迫の一撃。
ゴール裏のサポーターも応援を加速。絶対に逆転するぞ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

新潟が立て続けのコーナーキック。フロンターレに試練の時が続く。
最後は新潟が連携ミス、運も見方についている。




写真

写真

写真

写真

写真

左サイドを浮上のフロンターレ。大島選手のクロスに大久保選手が反応。
ヘディングでゴールを狙うが、新潟のゴール枠を僅かに外す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

小刻みに繋ぐフロンターレ。大島選手が中央からスルーパス。
・・・エウシーニョ選手がまさかの突破。ライン際から驚愕の折り返しを披露!




写真

写真

写真

写真

折り返したボールの先には・・・小林選手の姿。
ユウ様が!ユウ様が決めたぞ!!!!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

小林選手のゴールで待望の逆転。笑顔の選手と狂喜乱舞のサポーター。
必ずや「鬼門」を突破するぞ!3年ぶりにビッグスワンで勝つぞ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

逆転を許し新潟も必死の反撃、ロングボールからの空中戦は武岡選手がブロック。
こぼれ球は新井選手がゆうゆうとキャッチ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

新潟は消耗が激しいのか、ラフプレーが増加の一途。
中村選手が新潟の選手に脛を蹴られ転倒、苦悶の表情を浮かべる。




写真

写真

写真

写真

写真

大久保選手の足にも新潟の選手の足が!しかし警告すら出ずじまい。
ラフプレーの連続と主審の判定に、ゴール裏のサポーターは怒り心頭。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

残り時間は刻々と経過、疲労の色が濃い新潟はロングパスを多用。
ボールの精度は明らかに低下、フロンターレに脅威を与えない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

新潟のコーナーキックを耐え切った直後に、フロンターレは2人目の選手交代。
2ゴールの小林選手を下げ、井川選手(背番号4:DF)を投入し守備固め。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中村選手がよもやの警告、これが警告ならば新潟の選手は3人ぐらい退場だろうに・・・。
不満はあるが流れはフロンターレ、断ち切らずに試合を続行。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

そして後半はアディショナルタイム、残された猶予は4分。
まだまだ予断は許さない。持てる力を振り絞り、ビッグスワンの勝利を引き寄せるぞ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは最後の選手交代。田坂選手に代わり車屋選手(背番号20:DF)を投入。
頼むぞシンタロウ、しっかりと守り抜いてくれ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

勝利を確信のサポーター、アバンテの応援をスタート。
誰もが待ち焦がれたビッグスワンの勝利、歓喜の瞬間はもうすぐだ・・・。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

そして試合はタイムアップ。「鬼門」ビッグスワンで逆転勝利。
勝ったぞ!ビッグスワンで勝ったぞーーー!!!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

歓喜の選手とサポーター。「鬼門」突破に加え、リーグ戦は3連勝。
2得点の小林選手が笑みを浮かべ、中村選手の肩を抱く。
この二人が更に活躍したら、チャンピオンシップも見えてくるぞ。




写真

写真

写真

写真

敵地での勝利を分かち合う選手とサポーター。
この瞬間があるからこそ、遠征はやめられないなぁ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

この日のヒーロはーもちろん小林選手。トラメガを握り自らの応援歌も披露。
最後はパインを両手に記念撮影、ユウ様完全復活だぁ。




写真

写真

J1リーグ戦セカンドステージは残り5試合。最後まで全力で突き進もう。
さて、夜行バスで川崎に帰るぞ〜



<フロンターレの出場メンバー>
GK:新井
DF:武岡、谷口、小宮山
MF:大島、中村、エウシーニョ、中野
FW:田坂、小林、大久保
SUB:西部、井川、車屋、山本、アルトゥール マイア、森谷、杉本
<フロンターレの選手交代>
中野>杉本(63分)
小林>井川(86分)
田坂>車屋(90+4分)



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る