川崎フロンターレ VS 浦和レッズ

〜 2016 明治安田生命J1 1st 第8節 〜


2016年4月23日 等々力陸上競技場


写真

写真

写真

2016シーズンJ1 1st第8節。勝ち点差1で迫る浦和レッズとの首位攻防戦。
等々力には両チームのサポーターが大挙。入場者数は25,450人と超満員。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

直下に迫る浦和を倒し、首位キープを固めたいフロンターレ。
選手もサポーターも気合満点。リーグ戦無敗の等々力で勝利を重ねたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

熱気満点のスタジアム、戦いに備えた選手たちがピッチに整列。
フロンターレ創立20周年記念ビッグフラッグも鮮やかに登場、首位攻防戦に花を添えた。




写真

キックオフ前に両チームの選手が整列。特製の幕を掲げて記念撮影。
九州中部に甚大な被害をもたらした熊本地震の被災地へ、選手から激励が贈られた。




写真

Gゾーンの中心部にも巨大な激励幕が登場。場内は感動に包まれた。
Jリーグの各地で被災地を励ますシーン、スポーツの素晴らしさに改めて感銘。




写真

さぁ、首位攻防戦はキックオフ。勝のはもちろん我らがフロンターレ。
中3日の浦和と比較し、体力面の優位性を生かせるか。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半の説明は完全にすっ飛ばし(汗)。両者無得点で折り返す。
さすがに首位攻防戦、試合の展開が極めて早く見応え満点。




写真

写真

写真

ハーフタイムは恒例のマスコット激写。新グッズのポーチを見せびらかすふろん太君。
すいません、まだ買っていません(汗)。




写真

写真

写真

写真

では後半戦の模様も説明をかっ飛ばします(恥)。
場内の熱気はご覧の凄さ、超満員の雰囲気は心地よい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

手に汗握る緊迫の攻防戦は、浦和が先制点をゲット。
むむむ・・・、だが今年のフロンターレであれば逆転は夢物語ではない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

オーロラビジョンに映し出された、入場者数「25,450人」の表示。
ビジター席も赤一色。等々力に駆け付けてくれた浦和サポーターにも感謝。




写真

写真

試合は刻一刻と時を進め、フロンターレが追いつめられる展開。
奈良選手(DF:背番号3)が負傷退場、選手たちも満身創痍の戦い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半も気が付けばアディショナルタイムに突入。数分の猶予が残されたのみ。
選手の奮起を願い、サポーターは最後の応援に突入。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

必死に攻め続けたフロンターレであったが、試合は0-1でタイムアップ。
リーグ戦今季初黒星、浦和に首位の座を明け渡してしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレの攻撃はスピードと連動感が乏しく、浦和を崩すには至らなかった。
失点以上の差を痛感、ただ完敗であった。
1stのリーグ戦は折り返し地点、早々に切り替え次の試合に挑みたい。
(2015/04/23の試合結果:川崎 0-1 浦和)



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る