川崎フロンターレ創立20周年記念OBドリームマッチ

〜 チーム誰かに合わせてくるぞ(DAK) VS チームソルト 〜


2016年5月14日 等々力陸上競技場


写真

川崎フロンターレ創立20周年記念事業のOBドリームマッチ。
J1リーグ戦(ヴィッセル神戸戦)の前座試合として等々力陸上競技場で開催。
フロンターレの歴史を語るOB選手が等々力に集結、サポーター垂涎の企画である。




写真

写真

写真

写真

場内には歴代のFORZA幕がすべて掲出、その存在感にただ圧倒。
OBドリームマッチの盛り上げに一役買います。
(一部の写真は巨大幕掲出時に撮影したものです)




写真

写真

写真

OB選手たちがピッチに登場。現役時代と比較し「丸く」なった選手たちが汗を流す。
ブラジルからもアウグスト、ジュニーニョ、ジェシの3選手が出場。
あぁ、早くプレーを見たいぞー。




写真

写真

写真

程なくして選手紹介、現役時代の写真がオーロラビジョンに映し出された。
「あの」選手はかなり「丸く」なったなぁと、心の中で苦笑い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

絶好のサッカー日和のもと、OBドリームマッチは華々しくキックオフ。
チーム誰かに合わせてくるそ?(DAK)(青)VS チームソルト(白)、勝者はいったいどちら!?




あ、各チームのメンバーはこちらです(川崎フロンターレ20周年記念事業実行委員会のHPから転載)

チーム誰かに合わせてくるそ?(DAK) チームソルト
ユニフォーム:1stユニフォーム(水色) ユニフォーム:2ndユニフォーム(白色)
背番号 ポジション 名前 在籍 背番号 ポジション 名前 在籍
監督 松本育夫   監督 福家三男  
1 GK 浦上壮史 1997-2004 21 GK 吉原慎也 2001-2008
2 DF 高田栄二 1997-2001 2 DF(Cap) 伊藤宏樹 2001-2013
3 DF 佐原秀樹 1997-2010 13 DF 寺田周平 1999-2010
4 DF 小松崎保 1997-1999 5 DF 箕輪義信 2000-2008
5 DF ジェシ 2012-2014 29 DF 森川拓巳 1999-2000
11 FW 向島建 1997-2001 33 DF 大久保将人 2005-2007
14 MF(Cap) 中西哲生 1997-2000 32 DF 神崎亮佑 2001-2004
15 MF 土居義典 1997-2001 25 DF 吉田勇樹 2008-2011
18 MF 飛弾暁 2003-2007 4 MF アウグスト 2003-2005
21 MF 石塚啓次 2003 24 MF 塩川岳人 2000-2004
24 MF 大橋正博 2007-2008 26 MF 玉置晴一 2001-2003
25 MF 鈴木達矢 2006-2008 20 MF 長橋康弘 1997-2006
26 MF 村上和弘 2007-2009 15 MF 原田拓 2005-2008
28 MF 岩本輝雄 1999 19 MF 森勇介 2005-2010
31 GK 鈴木洋平 2002-2003 10 FW ジュニーニョ 2003-2011
        31 FW 西山貴永 2004-2007




写真

チームDAKのGKは、フロンターレU-18のGKコーチを務める浦上壮史選手。
現役時代は「ガミさん」の愛称、かなり「丸く」なった選手の一人です(笑)。




写真

Gゾーンを中心に大勢のサポーターが応援に集合。
試合中は懐かしの応援歌が披露。ただ一発目が「西部警察」なのは・・・(苦笑い)。




写真

写真

気合を高めるアウグスト選手。2004シーズンにフロンターレをJ1復帰させた立役者のひとり。
御年50歳にしてこのジャンプ力、いきなり凄いものを見せつけられた。




写真

「ヒロキー」こと伊藤宏樹選手のスマイルと共に、OBドリームマッチはキックオフ!




写真

お、フロンターレの歴代得点王、「川崎の太陽」ジュニーニョ選手がいきなりキープ。
爆発力のあるドリブルで、早速等々力を沸かせるか!?




写真

写真

写真

写真

アウグスト選手が左サイドを浮上、黄金の左足が早くも火を噴く。
これだけキレがあるのに50歳だなんて、到底信じがたい・・・。




写真

写真

写真

写真

OB選手が繰り出すボールさばき、感激のあまりシャッターを切るのを忘れそう。
現在は横浜FCのサッカースクールコーチを務める西山貴永選手が、キレのあるシュートを披露。
ちなみに、フロンターレの現役時代は坊主頭がトレードマーク。




写真

現在はべガルダ仙台のスタッフを務める村上和弘選手。
この場面は守備でアピール、現役時代は守りはさほど得意ではなかった記憶が。




写真

あ、紹介が遅れましたがスタメン選手一覧。
どれもこれも懐かしいプレーヤーばかり、これだけでお腹いっぱい。




写真

写真

写真

写真

写真

華麗なトラップを見せるのは、川崎フロンターレU-15のコーチを務める高田栄二選手。
「エイジ」といえば欧州でプレーする川島選手がお馴染みですが、初代「エイジ」は彼です。




写真

写真

写真

ドリブルで駆け上がる長橋康弘選手。現在は川崎フロンターレU-18のコーチ。
現役時代はサイドを一気に駆け上がり、精度の低い(失礼)クロスで等々力を沸かせた立役者。




写真

写真

写真

ブラジルで現役選手を続行するジェシ選手が、迫力あふれるヘディングシュート。
これは浦上選手がファインセーブ。体格に似合わない反射神経。




写真

写真

写真

写真

写真

劣勢であったチームDAKが反撃。現在はアイドル評論家(?)の岩本輝雄選手が一気に浮上。
ドリブルを止めるのは「川崎山脈」の一角、新城高校教諭の箕輪義信選手。




写真

写真

ゴール前でボールをコントロールする大橋正博選手。
現在は横浜F・マリノスの下部組織のコーチ。
現役時代は気持ちのこもったプレーが印象的、
敵地の神戸戦で大量失点されながらも、一人気を吐きゴールを叩き込んだプレーは鮮明です。




写真

写真

沖縄の地域リーグで選手権コーチを務める森勇介選手。
「ユースケ」の愛称で皆から愛され、現役時代の「武勇伝」はもはや語るまでもなし。
この試合の注目点のひとつは、どのタイミングでカードを受けるか(??)




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

チームソルトのコーナーキック。新旧キャプテンがゴール前で激しい競り合い。
我らがキャプテン中西哲生選手、ここまでは存在感が薄いぞ(笑)。




写真

写真

写真

チームDAKは組織的な戦いは放棄(?)し、徹底したカウンター狙い。
大橋選手のシュートは吉原慎也選手がナイスセーブ。




写真

写真

写真

写真

アウグスト選手の左足が炸裂。シュートは枠を外すも、実にしびれるシーン。




写真

写真

西山選手の攻撃に対応する佐原秀樹選手。
現在は川崎フロンターレU-12の監督。イケメンですが未だ独身。




写真

写真

写真

写真

写真

ゴール前で巧みなボールコントロールを披露するジュニーニョ選手。
いやはや、まだJリーグでプレー出来るのでは??




写真

写真

写真

写真

写真

クールなプレーを披露する原田拓選手。現在はロアッソ熊本のスタッフ。
大地震で大変な中等々力まで駆け付けてくれて、感謝の言葉以外ありません。




写真

写真

写真

チームソルトの選手交代。寺田周平選手に代わり森川拓巳選手が投入。
現役時代では想像したがい選手交代、これもOBドリームマッチの醍醐味。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

おおっ!ジュニーニョ選手がドリブルで急浮上。
だが、この場面は佐原選手がブロックで対抗。
現役時代では佐原選手がFC東京に期限付き移籍時代に見られただけ。




写真

写真

写真

川崎フロンターレで育成PJコーチを務める吉田勇樹選手。
現役時代は等々力でプレーした記憶がほとんどありませんが、
ユニフォーム脱いだ現在も、フロンターレのために全力を尽くしています。




写真

写真

写真

写真

ジュニーニョ選手の突破を食い止めるのは、金沢星稜大学サッカー部の監督である小松崎保選手。
個人的に背番号「4」ときたら、この選手の名前が浮かびます。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

川崎フロンターレU-12のコーチを務める玉置晴一選手。
伊藤宏樹選手と同じく愛媛県出身、フロンターレの下部組織で長年尽力。




写真

写真

写真

写真

夢舞台のドリームマッチは前半終了。
20分ハーフの試合は両者無得点で、後半戦へと続きます。




写真

写真

ハーフタイムにGゾーンに登場するのは、2010シーズンに加入の高須英暢さん。
膝の怪我で僅か1シーズン限りの在籍でしたが、今もフロンターレを応援してくれて感謝。




写真

写真

写真

さてさてここからは後半戦。残る20分脳裏に焼き付け、しっかりと写真を撮りましょう。




写真

写真

ああっ!ジェシ様の美しい姿に発狂寸前。
ジェシ様、お願い!またフロンターレに戻ってきてっ!!




写真

写真

写真

写真

バックラインからのパスを受け、飛弾暁選手がドリブルで浮上。
現役時代も負けん気の強いドリブル攻撃が持ち味でした。




写真

写真

好みのアイドルを品定めの如く(?)、シェアなクロスを繰り出す岩本選手。
だが、この場面はチームソルトのブロックに遭遇。




写真

写真

アウグスト選手がライン際まで迫り、チームソルトがコーナーキックを獲得。
チームDAKの松本育夫監督がベンチから立ち上がり、1999年の西が丘での名(迷)言が炸裂、
「誰かに合わせてくるぞ!」
(不覚にも写真を撮り損ねました)




写真

写真

写真

「誰か」に合わせたコーナーキックは、箕輪選手のヘッドにジャストミート。
松本監督の警戒が実らず、チームソルトが先制点をゲット!




写真

写真

写真

写真

写真

反撃にかかるチームDAK。現在は某サッカースクールのコーチを務める鈴木達矢選手がキープ。




写真

写真

写真

写真

写真

チームDAKがコーナーキックからの混戦を経て、鈴木達矢選手が同点弾をゲット。
試合はこれで振り出しに、ますます目が離せなくなりました。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

チームDAKが追加点を狙い、チームソルトのゴールを次々と脅かす。
この場面は吉原選手を中心に、チームソルトが守り抜く。




写真

バックラインでボールを散らすのは、ロングスローで等々力を沸かした大久保将人選手。




写真

写真

チームDAKのGKはいつの間にか鈴木洋平選手に交代。
現在は川崎フロンターレU-15のGKコーチとして、若きプレーヤーを育成に励む。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

おおっ!アウグスト選手が左サイドをドリブルで駆け上がる。
このシーン、この左足裁き。現役時代の雄姿と重なりただ感激。




写真

写真

写真

写真

写真

ジュニーニョ選手がゴール前でくるりと反転。小技を利かしたループシュート。
これは惜しくもゴール枠をとらえない。




写真

写真

写真

写真

写真

白髪混ざりの中年男性(失礼)は、「土居ちゃん」でお馴染みの土居義典選手。
指導者としても様々なキャリアを積み重ね、現在は・・・フリー?




写真

左サイドを駆け上がり、「カムキャノン」を放つ村上選手。
これはチームソルトの守備に阻まれてしまった。




写真

写真

チームソルトはロングパスから一気に前線へ。
ボールを受けたのはジュニーニョ選手。ふわりと浮かしたシュートが炸裂!




写真

写真

写真

ジュニーニョ選手の匠の一撃が、チームDAKのゴールネットを揺らす。
アウグスト選手が駆け寄りおんぶ。あぁ、実に懐かしい。




写真

写真

伊藤選手も駆け寄りジュニーニョ選手を抱擁。フロンターレの最盛期を忍ばせるシーン。
ん?最盛期はこれからですって??(すいません)。




写真

写真

写真

写真

再びリードを許したチームDAK、同点に追いつくべく必死の反撃。
だがチームソルトも「ガチ」の守り。吉原選手もゴールを明け渡さない。




写真

写真

写真

写真

写真

チームDAKの攻撃を弾き返す神崎亮佑選手。
現在はヴィッセル神戸のスクールコーチに就任。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

リードを得ても攻撃の手を緩めぬチームソルト、ジュニーニョ選手がとどめの一撃を狙う。
これは決まらずも西山選手が押し込み、試合を決定づける3点目をゲット。




写真

写真

写真

後がないチームDAK、岩本選手が少々エキサイト。
岩本さん、エキサイトするのはAKB劇場にて(笑)。




写真

写真

写真

写真

写真

試合は3-1でチームソルトが勝利。
興奮冷めやらぬ40分間の夢舞台は、華やかに幕を閉じました。




写真

写真

OBドリームマッチにも「あんたが大賞」が用意。
勝者には「ふくしまの米」が贈呈、果たしてブラジルまで持ち帰れるのやら(笑)。




写真

写真

OBドリームマッチを終え、現在は川崎フロンターレのスカウトである伊藤宏樹さんが挨拶。
ヒロキー、フロンターレの将来を担う逸材の発掘頼んだぞー。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

OBドリームマッチを終え、笑顔あふれるOB選手たち。
素晴らしいゲームをサポーターに楽しませてくれてありがとう。




写真

が、我らがキャプテン中西選手は、お疲れなのか微妙な表情。




写真

熱戦を終えたOB選手たちに「パイン賞」が贈呈。
贈呈主のパインさん、パインをちゃんと持ち帰ってくれるか心配していました。




写真

写真

写真

写真

写真

OB選手たちがさわやかな笑顔を浮かべ、続々とGゾーンの前へ。
ジュニーニョ選手の現役時代を彷彿さえる突破力、とにかくしびれたぜ。




写真

写真

お、アウグスト選手がユニフォームを脱いだ。
その下に浮かぶ文字は「イエスキリスト愛してる」、これが再び見られるなんて!




写真

写真

写真

写真

アウグスト選手がユニフォームを観客席に投入。
サポーターにとっては最高のプレゼント、ありがとう!!




写真

写真

戦いを終えたOB選手たち、本当に本当にありがとう。
目の前には憧れの松本監督。また指揮を執る姿を見たいっ!!!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

夢舞台のOBドリームマッチはこれで完結。実現に尽力したすべての方に感謝申し上げます。
次は10年後の30周年で(多分)。それまで元気にサポーター生活続けていられるかなぁ。



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る