ヴィッセル神戸 VS 川崎フロンターレ

〜 2016 明治安田生命J1 2st 第14節 〜

日  時 2016年10月1日(土) 19:05
試合会場 ノエビアスタジアム神戸
天  候 曇り
観 客 数 25,722人
試  合  結  果
神   戸 1 前 半 0 川   崎
2 後 半 0
        
        
3 0
     
得   点   者
渡邉 千真 27分      
レアンドロ 59分      
レアンドロ 76分      


写真

写真

2016シーズンJ1 2nd第14節、ヴィッセル神戸とのアウェイゲーム。
10月18日の大宮アルディージャ後のトラブルで、主たる応援団が応援自粛中のフロンターレ。
自粛中はゴール裏の応援団である「乾坤一旗」が応援をリード。
この日も同様の応援体制、限られたメンバーで巨大幕を掲出。




写真

写真

程なく開門の時刻が到来。いつもと異なる雰囲気の応援席。
チーム状況も芳しいとは言い難いが、敵地で持てる力を振り絞るのみである。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

怪我人が増加傾向のフロンターレ、
加えてGKの2選手(チョン ソンリョン選手、新井選手)が負傷の緊急事態。
ゴールポストを守るのは今季から復帰の高木選手(背番号29)、
昨年までジェフ千葉の正守護神、秘めた実力で川崎の壁となれ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

残るイレブンもピッチに登場。観客席のサポーターと共に激闘を誓い合う。
好調の神戸が相手だが、年間首位の座に戻るには負けられぬ一戦。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

2nd上位同士の対決、場内は心地よい熱気が充満。
ホームの神戸は巨大なコレオグラフィを演出、
狭いゴール裏に押し込められたフロンターレサポーターだが、意地でも負けられない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

キックオフの瞬間が刻々と迫る。戦いに備えた選手達がピッチに登場。
フロンターレのゴール裏には、クラブ創立20周年記念ビッグフラッグのエンブレム部が掲出。
数多のフロンターレサポーターの魂が、ノエビアスタジアムの地に宿る。




写真

写真

写真

写真

敵地での勝利を目指すべく、熱き戦いは火蓋を切って落とされた。
頼むぞフロンターレの選手達、絶対に勝って川崎に帰るぞ。




写真

写真

写真

先制攻撃を仕掛けたのはフロンターレ。小林選手(背番号11:FW)が中央に抜け出す。
・・・が、放ったシュートはキム スンギュ選手(背番号18:GK)の好守に阻まれた。




写真

写真

続けてコーナーキックのチャンス。中村選手(背番号14:MF)のキックを、
エウシーニョ選手(背番号18:DF)が頭で合わせる。
これはゴール枠には収まらず、フロンターレの先制攻撃はここで潰えた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に神戸が反撃開始、神戸の早い展開に反応は遅れ気味。
この場面は最後は高木選手が対応。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

反撃体勢に移ったフロンターレだが、逆に神戸のカウンターを食らう。
渡邉選手(背番号19:FW)の一撃はクロスバーを直撃、辛くも命拾い。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中央でボールを回すフロンターレ。神戸の素早い寄せに突破を図れない。
バックパスの場面も散見、早くも難しい戦いの予感。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

神戸の圧力に手を焼くも、フロンターレは左サイドを浮上。
小林選手の突破から大久保選手(背番号13:FW)がミドルシュート。これはゴール枠を外す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

神戸のしたたかな戦いに、フロンターレは難しい戦いを強いられる。
ゴール裏の応援はギクシャク感は否めぬが、必死のリードでピッチ上の選手にエール。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中央でボールを繋ぎ、一瞬のスキを狙うフロンターレ。
エドゥアルド ネット選手(背番号21:MF)がドリブルを仕掛けるも、大久保選手には繋がらない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

神戸の縦パスに田坂選手が反応。しかし不覚のトラップミス。
こぼれ球を拾われてしまい、最後はニウトン選手(背番号10:MF)がシュート。
これはゴール枠を外れ、高木選手も冷静に見送った。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

神戸の度重なる攻撃に、フロンターレは守勢の厳しい流れ。
劣勢を意地でも打破すべく、ゴール裏のサポーターは懸命に声を張り上げる。




写真

写真

写真

写真

写真

場面は神戸のスローイン。藤田選手(背番号14:MF)のロングスローが襲いかかる。
この場面は高木選手がセーブするも、思わず冷や汗をかかされた。




写真

写真

写真

写真

直後にフロンターレがカウンター。中村選手がフリーのスペースに抜け出し滑らかなクロス。
逆サイドの大久保選手がヘディングシュート。これは大きく浮いてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

神戸の圧力に屈するフロンターレ。高木選手のキックで起死回生を図る。
小林選手が懸命に競り合うも、ニウトン選手の激しい寄せに遭遇。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

苦境が続いたフロンターレだが、神戸の乱れを尽く。
細かいパスワークで神戸ゴールへ迫る。しかしあと一歩及ばない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

神戸のカウンターを断ち切ったフロンターレ、車屋選手(背番号20:DF)がサイドチェンジ。
エウシーニョ選手が神戸ゴール前に迫るも、不覚のトラップミス。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

続けて仕掛けるフロンターレ、大久保選手が倒されフリーキックを獲得。
絶好の場面到来に、ゴール裏のサポーターは激しく躍動。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

田坂選手(背番号6:MF)のフリーキックを皮切りに、激しく攻め立てるフロンターレ。
しかし神戸の守りも固く、決定的な好機には至らない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に神戸が猛反撃。右サイドを鋭く切り裂き、藤田選手の光速スローが襲いかかる。
ニウトン選手が渾身のヘッド!辛くも失点だけは免れた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレも負けじと反撃体勢。小林選手が落としたボールを、大久保選手が至近距離から押し込む。
これは上手く蹴りきれず、ボールは右側に反れてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

神戸の攻撃も止まらない。三原選手(背番号24:MF)の鋭いヘディングシュートが襲う。
これは高木選手がセーブ。力強いスローで逆襲に転ずるぞ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

右サイドを仕掛けるフロンターレだが、神戸の守備網を崩しきれない。
サポーターの熱き思いよ、ピッチ上の選手たちに届いて欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真
写真

・・・が直後に神戸が先制点。守りのミスから渡邉選手に決められてしまった。
しかしまだ1失点、下を向いてはいられない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

先ずは同点に追いつくべく、攻めに転ずるフロンターレ。
田坂選手がロングクロスを繰り出すが、ゴール前の小林選手には届かない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃の手を緩めぬフロンターレ。車屋選手が放ったボールが神戸の選手に当たりコーナーキックを獲得。
このチャンスは見逃せない。絶対にゴールを決めてくれ。




写真

写真

写真

中村選手が放ったコーナーキックから、執拗に攻め立てるフロンターレ。
エドゥアルド ネット選手が必死の粘りを見せるもファウルの判定、この好機は生かせなかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃の手を緩めぬフロンターレ。左から右へと展開し、中村選手のクロスが炸裂。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

続けてコーナーキックの場面。一度はボールが流れるも、大久保選手がクロスを繰り出す。
神戸ゴール前の選手が足りず、この場面も得点には至らない。




写真

写真

写真

直後に神戸がカウンター。手薄なフロンターレの守備、一気に危機に陥った。
鋭いクロスが襲いかかるも、車屋選手が体を張って食い止めた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

危機を断ち切ったフロンターレ。中央突破から中村選手が鋭いパス。
エウシーニョ選手が一気に飛び出しシュートの体勢。ここは神戸の守備に阻まれた。




写真

写真

写真

続けてコーナーキックの場面。しかし神戸の高さに競り負けた。
空中戦が不得手なフロンターレ、この場面は素直に行き過ぎた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半も残すは10分弱。神戸がじわりと前進を図る。
レアンドロ選手(背番号11:FW)が鋭いシュート。スキを見せれば必ず打ってくる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半は神戸が1点リードで終了。厳しい仕掛けに難しい戦いを強いられた。
神戸が飛ばしている印象があるので、後半の運動量低下にも期待したい。




写真

一瞬の静寂を取り戻すスタジアム。ハーフタイムイベントは・・・特段なし。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

残された45分間の戦いに備え、ピッチ上に選手達が戻ってきた。
ゴール裏のサポーターも応援再開。先ずは同点に追いつくぞ!




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

・・・が、後半に入っても神戸のペース。
のっけから押し込まれるフロンターレ、先行きが実に不安。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

鋭いサイド突破が武器の車屋選手だが、神戸厳しい寄せに苦しい状況。
長めの芝もパフォーマンスを引き出せない要因だろうか。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

大島選手(背番号10:MF)が倒され、フロンターレがフリーキックを獲得。
好機到来に俄然意気込むも、中村選手のキックはあっけなく弾き返された。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃の手は緩めぬフロンターレだが、肝心の場面でボールが繋がらない。
不安定な流れを変えるべく、ゴール裏のサポーターは激しく躍動する。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

長らく攻め続けたフロンターレであったが、神戸の攻撃が牙をむく。
松下選手(背番号23:MF)のシュートは高木選手が弾くも、
抜け出した渡邉選手にこぼれ球を押し込まれた!




写真

・・・が、エドゥアルド選手(背番号23:DF)がボール描き出した。
何たる幸運に安堵のため息、まだ運は尽きていない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

だが、神戸の猛攻は止まる気配すら見えない。
苦しい状況を断ち切るべく、ゴール裏のサポーターは懸命に声援を送る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

再三の危機を耐え続けたフロンターレだが、それも長くは続かなかった。
レアンドロ選手の斜め角度の一撃、苦杯の2店目を献上。




写真

2点ビハインドと一層の苦境に追い込まれたフロンターレ。
しかし下を向いてはいられない。諦めずに1点ずつ取り戻そう。




写真

写真

写真

サポーターの願いも裏腹に、神戸が更なる攻撃を仕掛ける。
渡邉選手が怒涛の突破、谷口選手が辛うじてクリア。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは最初の選手交代。田坂選手から三好選手(背番号26:MF)にスイッチ。
早速ドリブルを仕掛けるも、神戸のプレッシャーに行く手を遮られた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃が噛み合わぬフロンターレ。中村選手と大久保選手が歯切れの悪い交錯。
大久保選手がシュートを繰り出すも、神戸の守りに阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

続けて三好選手がシュート。これも大きく浮いてしまった。
ゴール裏の応援も乗り切れぬも、サポーターは必死の声援を送る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

窮屈なプレーを強いられるフロンターレ。エウシーニョ選手のシュートも神戸がブロック。
神戸の運動量は依然と高く、これはいささか想定外。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

プレーが冴えぬ中村選手、この時間ともなるとほとんど姿を消してしまった。
試合後に全治3週間の負傷のリリース。試合中どの場面で痛めたのか。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

苦境が続くフロンターレ。そんな中三好選手が一人火を吐く。
エウシーニョ選手の折り返しを強烈な一撃。
これはゴール枠を外したが、下を向かずに次も狙って欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

必死に仕掛けるフロンターレ、中村選手のコーナーキックが炸裂する。
エドゥアルド選手が空中戦に挑むものの、神戸のプレッシャーにボールを合わせられず。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは2人目の選手交代。エドゥアルド ネット選手から森本選手(背番号9:FW)にスイッチ。
直後に中村選手のコーナーキックが炸裂するも、神戸の守備に阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

直後に神戸のカウンターが炸裂。瞬く間に3点目を献上。
これが敵地の罠なのか・・・。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

苦境に立たされたフロンターレだが、このまま一方的には追われない。
中村選手のコーナーキックで一矢報いる・・・はずが、キム スンギュ選手があっさりとセーブ。




写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは最後の選手交代。谷口選手から板倉選手(背番号28:MF)へ。
頼むぞコウ君、神戸に一矢報いてくれ・・・。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半も残り時間は刻々と減少、フロンターレは更に苦しい状況。
それでもサポーターは諦めない。持てる力を振り絞りエールを送る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

車屋選手が繰り出した鋭いパス、森本選手が至近距離からシュート。
これはキム スンギュ選手の正面を突いた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ゴールの気配が乏しきフロンターレ。敗戦の気配が色濃く漂う。
それでも板倉選手の目は死んでいない、しっかりと前を見据えていた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

中村選手のフリーキック。板倉選手が貪欲な飛び込みを見せた。
こぼれ球を車屋選手が折り返すも、後に続く選手がいなかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

森本選手がシュートを繰り出すが、これもキム スンギュ選手の正面。
直後に後半アディショナルタイムの表示。残り4分で奇跡を起こせるか。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

残された時間はごく僅か。仕掛ける以外道がないフロンターレだが、神戸の勢いに後ずさり。
劣勢を絶対に覆すべく、ゴール裏のサポーターは最後の力を振り絞る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

そして試合はタイムアップ。神戸に0-3の完敗であった。
敵地で収穫を得られなかったフロンターレ、選手達も疲労の様相を色濃くする。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

下を向きがちな選手達を奮い立たせるべく、ゴール裏のサポーターは鉄のハートを熱唱。
どんな時も俺たち、そうさ心挫けない
青と黒の、誇り胸に
さぁ行こうぜ、川崎。いつも俺たちとともに。
ぶちかませよー、Just Going NOW!!





写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

この日の敗戦で2ndステージは3位に交代。年間勝ち点1の座からも転落。
リーグ戦残る3試合、力の限り戦おう。



<川崎フロンターレのメンバー>
GK:高木
DF:エウシーニョ、谷口、エドゥアルド
MF:車屋、大島、エドゥアルド ネット、田坂、中村
FW:小林、大久保
SUB:安藤、小宮山、板倉、森谷、狩野、三好、森本
<川崎フロンターレの選手交代>
田坂>三好(59分)
エドゥアルド ネット>森本(74分)
谷口>板倉(79分)



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る