作陽高校 VS 川崎フロンターレU-18

〜 ジャパンユースPUMAスーパーリーグ 2017 〜


2017年1月21日 時之栖裾野グラウンド


写真

ジャパンユースカップ2017、川崎フロンターレのU-18の開幕戦は作陽高校との対戦。
今年も恒例の時之栖グラウンド参り。御殿場線の岩波駅から徒歩50分あまり。




写真

試合会場のE-2グラウンドへ移動。全面天然芝で手入れが行き届いた環境。
観客席の一角を見渡すと、フロンターレのアカデミー専用横断幕が掲出されていました。




写真

写真

高校3年生が卒業した川崎フロンターレU-18。戦力は自ずから高校2年生以下となる。
今年の布陣を占う意味でも見逃せない一戦になりそう。




写真

写真

川崎フロンターレU-18の監督は今野さん・・・のはずが、この日は何故か姿を見せず。
コーチの長橋さんが監督代行。若きイレブンに指示を送る。




写真

写真

写真

写真

川崎フロンターレU-18の2017ファーストゲーム。富士山麓の風が吹き込む中試合開始。
2016シーズンにトップチームに2種登録されたデューク カルロス選手も先発出場。




写真

写真

フロンターレの最終ラインのひとり、長身の伊従選手。
2016シーズンはスタメンを奪われ終盤のパワープレー要員としての出場が
多かったものの、2017シーズンは先発復帰を狙う。




写真

GKは2016シーズン途中からスタメンを獲得した早坂選手が出場。
安定した守備を誇り、2017シーズンも正守護神の座は固そう。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレの中軸のひとりである桝谷選手。
彼の活躍がフロンターレU-18の鍵を握るといっても過言ではない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

そつなく試合を進めるフロンターレだが、守備にやや弱みが。
デューク カルロス選手も得意の攻撃は抑え、守りの場面が目立つ。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

背番号34は高校1年生の高吉選手。
落ち着いたプレーが持ち味、2017シーズンはDFの中心役を期待。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

互いに決定的な場面が見られぬ中、桝谷選手がミドルシュート。
作陽高校のGKがボールを弾くも、ゴール前に詰める選手がいなかった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

守りが落ち着かぬフロンターレ、作陽高校の鋭い攻撃に振り回される。
左側からのクロスは早坂選手がセーブ。何とかゴールを守り抜く。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半終了間際に作陽高校のゴールが決まり、0-1で試合を折り返す。
まとまった試合運びを見せる川崎フロンターレU-18。
ただ、綺麗すぎて大胆さが欠ける面も。




写真

写真

写真

若きイレブンに指示を送る長橋コーチ。
遠くから何となく聞こえる範囲では、いささか説明がくどい感じも・・・。




写真

取り敢えず冬富士がとても美しい。手前の宝永火口もなかなかの迫力。




写真

写真

写真

写真

写真

西日が強く差し込むグラウンド、冷え込む中後半開始のホイッスル。
フロンターレは選手交代は特になし。




写真

写真

写真

写真

先制攻撃を仕掛けるフロンターレ、大曽根選手がドリブルで持ち込みシュート。




写真

写真

写真

写真

村田選手のドリブルから、宮代選手がボールをキープ。
世代別代表でもある宮代選手ですが、
相手は強敵の作陽高校、マークが厳しく持ち味をなかなか発揮出来ない。




写真

写真

写真

写真

写真

奥山選手がドリブルで浮上、右サイドからクロスを繰り出す。
これは作陽高校のGKがセーブするが、攻撃に改善の兆しを見せる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻撃の手を緩めぬフロンターレ。池谷選手のコーナーキックを伊従選手が頭で狙う。
こぼれ球を大曽根選手がシュート、これは決まらない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

攻め続けたフロンターレにようやく結果が。
島崎選手のスルーパスに宮代選手が飛び出し、ドリブルを交えてシュート。
作陽高校のゴールネットを揺らし、1-1の同点に追いついた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

劣勢が続いた作陽高校だが、カウンターから一気に仕掛けてきた。
フロンターレゴール前は窮地に陥るも、この場面は必死にボールを掻き出す。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

一進一退の攻防が続くも、飛び出した早坂選手が作陽高校の選手と交錯。
弾みで無人のゴールにボールが転がり、無情にも追加点を献上。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

逆転を許したフロンターレ。同点に追いつくべく攻勢を強める。
対する作陽高校も守りを固め、フロンターレにスキを与えてくれない。




写真

写真

写真

写真

写真

作陽高校ゴール前に切れ込むフロンターレ。
シュートを続々と浴びせるが、作陽高校も体を張って対抗する。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

作陽高校のゴールをこじ開けるべく、必死に攻め続けるフロンターレ。
しかし単調な攻撃が目立ち、作陽高校の守りを崩すには至らない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

日没後も積極的に仕掛けた川崎フロンターレU-18でしたが、
追加点を決めること無くタイムアップ、作陽高校に1-2で敗戦となりました。




写真

写真

・・・あれ?試合後に何故かPK合戦。フロンターレが負けたはずなのに???
周囲のサポーターとPK戦の理由を考えたところ、育成目的では無いかと推論。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

両チームの選手が黙々とボールを蹴る、最後はGKもPKに参加。




写真

写真

そして試合はタイムアップ。この後に40分一本の試合については時間切れで観戦せず。
夕焼けの富士山を眺めつつ撤収、来週も応援に来るぞー(おそらく)。



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る