川崎フロンターレU-18 VS 前橋育英高校

〜 高円宮杯U-18サッカーリーグ 2017プリンスリーグ関東 第9節 〜


2017年7月16日 前橋育英高校高崎グラウンド


写真

2017プリンスリーグ関東第9節、川崎フロンターレは前橋育英高校との対戦。
高崎に到着して横断幕を装着、試合前から大量の汗が吹き出る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

現在首位のフロンターレ、悲願のプレミアリーグ加入へ好調をキープ。
遠路から多くのサポーターが駆けつけ、若きイレブンにエールを送る。




写真

写真

写真

写真

写真

夏の群馬は灼熱地獄、過酷な一戦を制するのは果たして・・・。
試合の模様ですか?暑いので毎度の手抜きで(恥)。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレがいきなり先制点、大曽根選手がクロスを押し込みゴール。
これぞ電光石火の得点劇、幸先の良いスタートを切った。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

暑いので説明はそっちのけ(汗)、給水タイムまでは目立った動きはなし。
体感温度を上回る状況故か両者控えめな動き、それは賢明な判断と言える。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

前半も残り時間・・・と思いきや、前橋育英高校が同点に追いついた。
試合は振り出しに戻っただけ、再び突き放してゆきたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

1-1で前半終了。交通渋滞で遅れていた応援団のメンバーも合流。




写真

ハーフタイムを利用してミニフォルツァ幕を掲出。若きイレブンの後押しになるか。




写真

写真

では、後半も説明無用(サボっているだけ)の写真をご覧ください。
曇り空で日差しが弱いのが救いなれど、多湿なので過酷さは揺るがず。





写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

後半開始直後に攻め込むフロンターレ、立て続けのシュートで前橋育英ゴールを脅かす。




写真

写真

写真

コーナーキックから激しい空中戦、果敢にヘディングシュートを狙う。
しかし相手も北関東の強豪、容易くゴールは奪えない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

宮城選手が前線でボールをキープ、サイドに散らしたボールを
デューク カルロス選手がシュート。
面白い狙いであったものの、前橋育英の壁に阻まれた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレが鋭いカウンター、山田選手が一気に中央突破。
目の前はGKひとりだけ・・・のビッグチャンスは、GKのファインセーブに遭遇。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

両者それなりに仕掛けるものの、運動量は一気に低下。
照り返しの厳しい人工芝のピッチ、見た目以上に選手たちを蝕む模様。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

過酷な一戦は程なくタイムアップ。1-1の引き分けで終了。
ピッチ上の選手たちはグッタリとした表情でした。




写真

写真

写真

前橋育英高校の選手達がフロンターレサポーターに一礼。
暑い中90分間お疲れ様。今年もきつい一戦でした。




写真

写真

写真

写真

リーグ戦は1ヶ月以上の中断期間に突入、次なる戦いはクラブユース選手権。
またまた群馬での戦いが待つ、平日の試合が多くて参戦は限られそうだぁ。



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る