川崎フロンターレU-18 VS 山梨学院高校

〜 高円宮杯U-18サッカーリーグ 2018プリンスリーグ関東 第1節 〜


2018年4月7日 等々力陸上競技場


写真

2018シーズンプリンスリーグ開幕。開幕戦は等々力陸上競技場にて山梨学院高校との対戦。
所用(列整理、某ライブ)を終えて等々力陸上競技場へ直行。




写真

Gゾーンの一角にはサポーターが集結、応援は既に全開モード。
遅れてきたので肩身が狭いものの、撮影スタンバイ完了。




写真

写真

川崎フロンターレU-18のスタメン&サブ選手が発表。
2017シーズンと比較し戦力が一新、見知らぬイレブンも多数。
失礼ながらまずは顔と名前を覚えるところから。




写真

写真

写真

写真

2018シーズン初となるU-18の試合。例年よりも小柄な選手層。
強敵ぞろいのリーグ戦、主審のホイッスルと同時に火蓋を切って落とされた。




写真

写真

前半はフロンターレがホーム側に攻める形、高校2年生の有田選手が突破を図る。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

エースナンバーの10番を背負うのは、世代別代表でお馴染みの宮代選手。
背番号にふさわしい活躍を期待したい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

先生したのは山梨学院高校。コーナーキックをヘッドで押し込みゴール。
完全にフリーにさせたのがまずかったが、早々に切り替えてゆきたい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

失点の影響を見せず、積極果敢に攻めるフロンターレ。
対する山梨学院の守備も堅く、単純な突破ではゴールを奪えそうもない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

山田選手がパスに反応、山梨学院の裏を抜け出す。
ゴールライン際から折り返すものの、寸前のところでブロック。




写真

写真

写真

写真

続けてフロンターレのコーナーキック。こぼれ球から宮城選手がシュート。




写真

写真

写真

写真

積極果敢に攻め立てるフロンターレ、観客席ではアカデミーの選手達が応援に参加。
旗を振り太鼓を叩き、先輩の選手達をもり立てる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

旅加算る攻撃が実を結び、フロンターレが同点に追いついた。
山内選手のパスを起点に宮代選手がシュート。山梨学園のゴールをこじ開けた。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

CBは高校3年生の高吉選手。守備に攻撃の起点に奮闘。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

反撃ムードが高まった矢先、山梨学園に追加点を奪われてしまった。
フリーキックを頭で合わされ失点、セットプレーの守備に不安を残す形。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

熾烈な勝負は前半終了。フロンターレが1-2のビハインド。
十分に追いつける内容、後半の奮起に期待。




写真

写真

ハーフタイムに登場のマスコットたち。ユーズの試合はまさに撮影し放題。




写真

写真

写真

写真

程なく後半がスタート。マスコットたちも観客席に歩み寄り応援に参加。
応援していたアカデミーの選手達も大喜び。共に盛り上げ逆転するぞー。




写真

写真

写真

写真

写真

後半もフロンターレが不利な状況。早速コーナーキックのピンチ。
マスコットたちもサポーターに負けじとエール。この願いよピッチに届いてくれ。




写真

写真

写真

しかし願いは届かず、山梨学院高校に追加点を献上。
試合は再びリードを許す状況、若きイレブンの意地を見せて欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

まずは同点に追いつくべく、お返しとばかりに反撃開始。
だが、山梨学院高校の堅守が立ちはだかる。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

小柄な選手が多いためか、空中戦では苦しい展開。
それでも必死に食い下がり、容易くチャンスを与えない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

均衡の時が続いたものの、追加点を奪ったのはフロンターレ。
有田選手の折返しを、宮代選手が冷静にゴールへと流し込んだ。
試合はこれで1点差。残り時間は十分にあるぞ!




写真

写真

写真

フロンターレの守護神は青山選手。後で調べたら中学3年生と判明。
「飛び級」での抜擢だが、冷静さは高校生と引けを取らない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

同点を境目に両者の攻防が激化、互いに激しく攻め立てる。
山梨学院の守備も集中力が切れず、フロンターレはなかなか攻めきれない。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレにフリーキックのチャンス到来。山内選手のキックに高吉選手がヘッド!
完全にフリーであったが・・・、ボールは外に流れてしまった。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

両者の攻防は止まらぬまま、後半もアディショナルタイムに突入。
残された猶予は3分間。苦しいものの何とか追いついて欲しい。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

フロンターレは土壇場でコーナーキック。高吉選手が再びのヘディングシュート。
・・・が、ボールは惜しくもポストを直撃。




写真

写真

写真

写真

写真

写真

試合は程なくタイムアップ。開幕戦は2-3の惜敗でした。
今シーズン唯一の等々力陸上競技場での試合、勝ちたかった・・・。




写真

写真

写真

奮闘を終えた山梨学院の選手達が、フロンターレサポーターの前で一礼。
いい試合を見せてくれてありがとう。8月の山梨の試合では負けないぞっ。




写真

写真

写真

フロンターレU-18の次節は4月15日。あずまサッカースタジアムで桐生第一高校との対戦です。
トップチームの仙台戦の翌日、行きたい・・・ぞ。



試合結果一覧に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る