・富士通スタジアム川崎

住所 神奈川県川崎市川崎区富士見2-1-9
交通手段
最寄駅 JR東海道線 川崎駅/京急本線 京急川崎駅
最寄駅からの
交通手段
バス -
タクシー -
徒歩 15分程度。
特記事項 -
観客数
完成 1951年(旧川崎球場)
照明設備 あり
ホームチーム 富士通フロンティアーズ(アメリカンフットボール:Xリーグ)
評価
アクセス性
みやすさ
熱中度
特色 川崎区に位置する中規模球技場。正式名称は「川崎富士見球技場」だが、川崎に拠点を持つ富士通がネーミングライツ(命名権)を獲得し、「富士通スタジアム川崎」の愛称を有する。
元々は野球場(川崎球場)として建築され、長年川崎市民に愛され続けてきた。プロ野球チームの本拠地移転と老朽化が重なり、解体を経て球技場としてリニューアルされ現在の姿に至っている。

ピッチは全面人工芝で、長辺の両側に観客席が設置。サッカーグラウンドのフル規格を満たしているので、公式戦の開催も可能である。
もっともメインはアメリカンフットボール。富士通フロンティアーズの本拠地として白熱の試合が開催されている。
一般利用も盛んであり、フットサルの試合などにも対応。毎年秋に開催される川崎市民まつりでは、会場のひとつとしても利用される。
Jリーグ川崎フロンターレの下部組織の練習場としても利用されている。練習見学も可能なので、将来の日本代表選手を発掘する楽しみもありかも!?

地図情報


写真情報
外観 外観
ピッチ全景1 ピッチ全景1
ピッチ全景2 ピッチ全景2
ピッチ全景3 ピッチ全景3
スタンド(全景) スタンド(全景)
スタンド(近景) スタンド(近景)
コンコース コンコース
管理事務所
一部がギャラリーとして無料公開。
かつて川崎球場を本拠地としたロッテオリオンズ(現:千葉ロッテマリーンズ)のユニフォームや資料も多く揃っている。
管理事務所

撮影日:2015年12月20日 他

関連リンク:http://kawasaki-fujimi.com/l


スタジアム案内に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る