・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

住所 埼玉県熊谷市上川上300
交通手段
最寄駅 JR高崎線/秩父鉄道 熊谷駅
最寄駅からの
交通手段
バス 「犬塚」行きバス乗車、「陸上競技場入口」停留所下車徒歩3分。
「くまがやドーム」行きバス乗車、「くまがやドーム」停留所下車徒歩4分。
料金は200円(大人・片道)。道路状況にもよるが、熊谷駅から15分〜20分程度で到着。
運行間隔には注意(日中は1時間に1本程度)
タクシー 10〜15分程度、料金は1,000円〜1,200円(片道)が目安。
徒歩 40分程度。
交通が激しい道で歩道が少ないため、徒歩は推奨しない。
特記事項 -
観客数 15,392人
完成 2003年4月
照明設備 あり
ホームチーム
評価
アクセス性
みやすさ
熱中度
特色 熊谷の郊外に位置する中規模のスタジアム。2004年の埼玉国体を主目的に建設。
新しい部類のスタジアムであるが、第一の問題点はアクセス性。最寄り駅から3Km以上も離れており、徒歩移動が非現実的なのは嬉しくない。

ピッチの視界も最近のスタジアムとしては優れない。観客席の傾斜角度が緩く(階段の移動は楽であるが)、サイドスタンドからピッチを見渡すとゴールネットが視界の妨げになりやすい。
ピッチと観客席からの距離も遠め。全体的にケチくさい個所が多く、設計面での熟慮が物足りない感じは否めない。

屋根はメインスタンドの一部のみの設置。土地柄、夕立などの急激な悪天候の恐れもあるので、雨具の持参を強く推奨。
付近にはコンビニ等の売店は存在しない模様。競技場に到着する間に食料・飲料は調達した方が無難。

観戦者から見た数少ない長所は、照明設備の充実ぶり。大変明るく、ナイター観戦には適している(競技者の立場からの評価は不明だが)。
Jリーグでは大宮アルディージャの主催試合が開催される場合があり、天皇杯、JFL、地域リーグの試合会場としても使用される。

地図情報


写真情報
外観1
メインサイドスタンド側
外観1
外観2
正面入口
外観2
外観3
ビジターサイドスタンド側
外観3
ピッチ全景1 ピッチ全景1
ピッチ全景2 ピッチ全景2
ピッチ全景3 ピッチ全景3
メインスタンド メインスタンド
バックスタンド バックスタンド
サイドスタンド(ホーム) サイドスタンド(ホーム)
サイドスタンド(ビジター:全景) サイドスタンド(ビジター:全景)
サイドスタンド(ビジター:近景) サイドスタンド(ビジター:近景)
大型映像装置
視認性は通常レベル。
大型映像装置
電光掲示板の裏
太陽電池がぎっしり敷き詰められている。
電光掲示板の裏
サイドスタンドコンコース サイドスタンドコンコース
付近の光景
補助陸上競技場とくまがやドーム。
付近の光景

撮影日:2006年8月26日、2006年10月15日

関連リンク:http://www.parks.or.jp/kumagaya/


スタジアム案内に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る