・札幌ドーム

住所 北海道札幌市豊平区羊ヶ丘1
交通手段
最寄駅 札幌市営地下鉄東豊線 福住駅
最寄駅からの
交通手段
バス -
タクシー -
徒歩 10分程度。
特記事項 -
観客数 41,484人(サッカー開催時)
完成 2001年6月2日
照明設備 あり
ホームチーム コンサドーレ札幌 (J1)
評価
アクセス性
みやすさ
熱中度
特色 日本最北のドーム型競技場。2002年日韓共催W杯の会場。
野球場とサッカー場が切り替え可能と、世界的にも稀な構造を有し、プロ野球北海道日本ハムファイターズの本拠地も兼ねている。
サッカーと野球のプロチームのホームスタジアムであるのは、世界中でここだけ(札幌ドームのHPより)とのこと。

天然芝のグラウンド部分は移動式。サッカーの試合が未開催時は屋外に移動され、日照不足による芝の育成不良を解決。
世界でも類を見ないこのシステムを、「ホヴァリングサッカーステージ」と称する。グラウンド部分は空気圧で浮上し、分速4mで移動される。
銀色の外観を誇るドームは密閉式。場内は空調が行き届いており、厳寒の冬季でも快適な試合環境が確保される。

場内は暗色でまとめられ、すり鉢状の構造。個人的には明るさが欲しいところだが、設備面の不足は感じない。
ピッチとの距離感はサッカー専用スタジアム程では無いが、サイドスタンドからの距離は比較的近い部類。
ただし、バックスタンドとピッチまでの距離は長い。選手との距離感を縮めたい場合は、メインスタンドでの観戦がお勧め。
観客席も一部は可動式。イベント内容によりフレキシブルに変更可能。

展望台や各種ショップも併設。時間帯によってはスタジアムツアーも開催され、色々楽しめる工夫が凝らされている。
総合的な満足度は高く、国内でも屈指のスタジアムと言えそうだ。

地図情報

写真情報(サッカー開催時)
外観1 外観1
外観2 外観2
外観3 外観3
ピッチ全景1 ピッチ全景1
ピッチ全景2 ピッチ全景2
ピッチ全景3 ピッチ全景3
メインスタンド メインスタンド
バックスタンド バックスタンド
サイドスタンド(全景) サイドスタンド(全景)
サイドスタンド(近景) サイドスタンド(近景)
大形ビジョン
視認性は良好、サイズも巨大で申し分ない。
大形ビジョン
小型ビジョン
視認性は良好。
野球のボールカウントランプは、現在「BSO」方式へ変更されている。
小型ビジョン
ビジターサイドスタンド下コンコース ビジターサイドスタンド下コンコース
バックスタンド中段コンコース バックスタンド中段コンコース
ホームサイドスタンドコンコース ホームサイドスタンドコンコース
南ゲート前
ビジターサイドスタンド入口付近
南ゲート前
オープンアリーナ
試合未開催時に、天然芝が移動される。
オープンアリーナ
オープンアリーナに天然芝が移動された状態 オープンアリーナに天然芝が移動された状態
サッカー練習場1
写真は人工芝のグラウンド。
サッカー練習場1
サッカー練習場2
人工芝のグラウンドの右手にある天然芝のグラウンド。
サッカー練習場2
西ゲート前
メインスタンド裏、展示コーナーが併設。
西ゲート前
展示コーナー
コンサドーレ札幌関連のほか、サッカー日本代表や北海道日本ハムファイターズ関連などの展示もある。
オープンアリーナ
北ゲート付近
グッズショップ、レストラン等が併設。
北ゲート付近
熱きコンサドーレ札幌サポーター 熱きコンサドーレ札幌サポーター

グルメ情報
グルメ情報

グルメ情報

場内は多様な売店があり、多彩なグルメを楽しめる。
写真はコンサドーレ札幌必勝弁当。味・ボリューム共に申し分なし。

撮影日:2012年4月21日、2010年8月22日、2008年4月2日

関連リンク:http://www.sapporo-dome.co.jp/


スタジアム案内に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る