・神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

住所 兵庫県神戸市須磨区緑台
交通手段
最寄駅 神戸市営地下鉄西神線 総合運動公園駅
最寄駅からの
交通手段
バス -
タクシー -
徒歩 3分。
特記事項 -
観客数 45,000人
完成 1985年
照明設備 あり
ホームチーム -
評価
アクセス性
みやすさ
熱中度
最寄り駅から近接したスタジアムであるが、市街地中心から地下鉄三宮駅までの便が悪く、アクセス性は-0.5点。
特色 神戸総合公園内に位置する巨大スタジアム。1985年に開催されたユニバーシアード神戸大会を目的に建設。
外観的には際立った特長は存在しないが、通路が観客席上段(バックスタンドは中段)にあり、すり鉢状の構造が目に付く。
観客席は全エリアに設置。メインスタンドの一部を除きベンチシートなので、規模の割には貧相な感は否めない。
屋根もメインスタンドの一角を除き未設置。このあたりも改善が望まれるが、財政事情が逼迫の神戸市には、厳しい注文なのかも知れない。
ちなみにトラックは2006年に改修。無論国体絡みである。

かつてはヴィッセル神戸のホームゲーム会場。現在ではホームズスタジアム神戸での開催が殆どとなり、Jリーグの試合は滅多に開催されなくなってしまった。
蛇足ではあるが、川崎フロンターレがJ1初勝利をあげた、記念すべき?スタジアムでもある。

地図情報


写真情報
外観1 外観1
外観2 外観2
外観3
裏手の広場にて。
外観3
ピッチ全景1 ピッチ全景1
ピッチ全景2 ピッチ全景2
ピッチ全景3 ピッチ全景3
ピッチ全景4 ピッチ全景4
メインスタンド(全景) メインスタンド(全景)
メインスタンド(近景) メインスタンド(近景)
バックスタンド(全景) バックスタンド(全景)
バックスタンド(近景) バックスタンド(近景)
サイドスタンド(全景1) サイドスタンド(全景1)
サイドスタンド(全景2) サイドスタンド(全景2)
サイドスタンド(近景) サイドスタンド(近景)
大型映像装置
視認性は通常レベルだが、サイズは巨大。
大型映像装置
聖火台 聖火台
ビジター側サイドスタンドコンコース
ビジターサポーターはこの通路からスタジアムに入る。
ビジター側サイドスタンドコンコース
バックスタンド中段コンコース バックスタンド中段コンコース
ユニバーシアード神戸大会の優勝者が刻まれたプレート
「ソビエト」「西ドイツ」といった、東西冷戦時代のなごりが残る。
ユニバーシアード神戸大会の優勝者が刻まれたプレート
J1初勝利を飾ったあの日。
今野選手(現川崎フロンターレコーチ)の得点により、記念すべき一勝をおさめた。
ビジター側サイドスタンドコンコース

撮影日:2007年12月8日、2000年4月1日

関連リンク:http://www.kobe-park.or.jp/sougou/


スタジアム案内に戻る

サッカー観戦記に戻る

トップページに戻る